中国、春節前後の北京-雄安区間の高速鉄道利用者が7.8万人に

配信日時:2018年3月14日(水) 23時0分
画像ID 
今年の春運(旧正月前後の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)期間中、北京-雄安区間の高速鉄道を延べ7万8000人が利用した。中国鉄路北京局集団有限公司が13日の取材に対して明らかにした。新華社が報じた。

うち、白溝駅、保定駅の利用者がそれぞれ、前年同期比53.2%増の延べ1万人、同比1.1%増の延べ1万4000人だった。白洋淀駅の利用者は前年同期比82.7%増の1万3000人で、北京局集団にとって、春運期間中の利用者増加幅が過去最大の駅となった。

2017年7月6日、北京南-雄安新区を結ぶ高速列車2便の運行が始まり、190キロの区間がわずか80分で結ばれた。運行区間は北京南-保定で、D6655/6便とD6657/8便。「和諧号」CRH5A型車両が導入されている。

北京局集団によると、同路線開通後、雄安新区-北京、保定、石家荘間などの所要時間が短縮され、沿線の市民の往来や経済的往来が一層便利になり、雄安新区の建設を加速させるのに一役買っている。 (編集KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<