訪台中国人の大幅減少でガイドの収入も大幅減少、8割が転職―中国メディア

配信日時:2018年3月17日(土) 10時20分
訪台中国人の大幅減少でガイドの収入も大幅減少、8割が転職
画像ID  971219
13日、中国メディアの中国台湾網は、台湾メディアの報道を引用し、台湾の旅行業界関係者の収入が大幅に減少しており、転職を余儀なくされていると伝えた。写真は台湾地区入出境許可証と台湾居民来往大陸通行証。
2018年3月13日、中国メディアの中国台湾網は、台湾メディアの中国時報の報道を引用し、台湾の旅行業界関係者の収入が大幅に減少しており、転職を余儀なくされていると伝えた。

記事によると、中国語ガイドの呂公仁(リュー・ゴンレン)さんは「8年間ガイドの仕事をしてきた。以前は月に十数万台湾ドル(1台湾ドル=約3.7円)の収入だったが、今では団体客があっても収入は半分。人脈を使わないとやっていけない」と語った。「同期のガイドたちの8割がすでに転職した」とも述べている。

呂さんは、「これまでは2月以降が繁忙期だったが、今年は3月の団体客が少なくとも7割は減っている。年末には台湾で地方選挙が行われるので、中国人の訪台団体旅行ビザの発行が停止されることになっている」と説明。「台湾のホテルやレストラン、ガイドなどに打撃になり、十数万の家庭に影響が及ぶ」と話している。

記事は、「中国人観光客は消費力が最も高いことは世界的に認められている。訪台する東南アジアのツアー客は4日間の滞在が多いが、中国人のツアー客は8日間が多い。政府は訪台中国人が減少した分を東南アジアからの観光客で8割を補っているものの、消費力は6割減少している」としている。

呂さんは、「以前は旧正月の長期休暇で訪台する中国人が1日当たり8000人ほどだったが、今年は1000人になってしまった。中台関係が改善しないと、さらに悲惨なことになるかもしれない」とも語っているという。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】
あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事