Record China

ヘッドライン:

アフリカの医薬品、7割が偽物、多くが中国・インドから流入―仏メディア

配信日時:2018年3月15日(木) 8時50分
拡大
13日、仏RFIの中国語版サイトは、アフリカ大陸の医薬品の7割が偽造されたものであり、その多くがインドや中国から流入していると報じた。資料写真。

2018年3月13日、仏RFIの中国語版サイトは、アフリカ大陸の医薬品の7割が偽造されたものであり、その多くがインドや中国から流入していると報じた。

記事によると、西アフリカのベナンの裁判所で13日、偽造医薬品の販売に関与した疑いが持たれている製薬会社の幹部らに対する尋問が行われた。有罪が確定すれば、4年間収監されることになるという。

世界保健機関(WHO)によると、偽造医薬品産業は売上高で世界の医薬品ビジネスの少なくとも10%を占める。アフリカ大陸ではその割合が7割と高く、毎年約10万人が偽造医薬品によって命を落としているという。

記事は、この問題に詳しい専門家のサンドラ・ウェイン氏の話として、「こうした偽造医薬品の多くはインドや中国から流入したものだ。ベナンのコトヌーなどの主要な港からアフリカに入り、アフリカ全域へと流通する。税関は驚くべき量の偽造医薬品を押収することができる。だが制度の不備のため徒労に終わる。なぜなら、税関当局で廃棄されなければならないこうした偽造医薬品は、国内の医薬品不足を口実に戻されることがしばしばあるからだ。当局は偽造医薬品が生命に危険をもたらすことを忘れている」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング