「中国のカネ」と「米国の安全」に揺れるアジアの国々、手本は日本―米メディア

配信日時:2018年3月14日(水) 12時30分
「中国のカネ」と「米国の安全」に揺れるアジアの国々、手本は日本
画像ID  971155
13日、観察者網は、「中国はいかにして米国のアジアにおける盟主の地位に挑むのか」とする、米メディアのコラムを紹介した。資料写真。
2018年3月13日、観察者網は、「中国はいかにして米国のアジアにおける盟主の地位に挑むのか」とする、米紙のコラムを紹介した。

記事は、米紙ニューヨーク・タイムズの中国語電子版が12日に掲載したコラムを引用している。まず「米国による軍事力が依然としてアジアを牛耳る一方、中国はすでに軍事力と経済力で地域の秩序を変え始めている。また、米トランプ政権による不確定な外交政策や貿易協定の否定が、アジア諸国に対しこれまでの戦略の見直しを迫っている」とした。

その上で「今や、アジアの対中貿易国は対米貿易国よりも多く、今後両者の不均衡はさらに加速する。アジア諸国の首脳は、経済的にも国内政治においても中国に頼る必要があると考えている。そして、アジアの20カ国は『中国の富』と『米国の安保』の板挟み状態になっている。どちらか一方を選べない多くの国は、米中双方から最大限の利益を得つつ、リスクを最小限にする戦略を模索している」と論じた。

記事は、「このような動きの結果、アジア情勢は冷戦時の欧州のように二つの陣営の境界線がはっきりと出現したのとは異なり、各国が日増しに高まる中国の影響力を一部で受け入れ、一部で拒み、一部でコントロールすることで、さまざまな種類の境界線が引かれることになる」とした。そして、「アジア諸国の模索は世界に対し、米中主導の世界モデルに対応するすべを提供することになる」という。

一方で、日本が持つ特別な役割についても言及。「世界は中国に有利な方向に発展しているが、その中で日本は中国に対抗する手本を示している。アジア最大クラスの経済国、西側民主主義国たる日本は中国のパワーに屈することなく中国と拮抗している。経済力を利用して、中国から独立した強力な軍事的、多重的関係を築いている。多くの国は日本を手本とすることができるし、日本政府も多くの国に手本にしてもらおうと画策している」と論じている。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/03/19 00:40)

    中国は裏の裏を読み過ぎて何時とんでもない勘違いを起こす。 中国は日本政府による。ODA・インフラ整備・技術協力によって地に足の着いた偉大な国に成りつつあるのに、今に成って日本政府は中国に優しい振りして実は何か企んでいるに違いないとか考え過ぎ。 日本とアメリカは同盟国だから中国を陥れようとしていると思い込んでいるが、言葉的には戦後アメリカの監視下に置かれていた日本だからこそアメリカは未だに監視を止める気が無いだけで、日本がアメリカにべったりで、隠れ蓑にしているなんて笑い話だ。 アメリカの犬ならODA・インフラ整備・技術協力何てしないしアメリカもそんな事させなかったろう。 中国がアメリカの動きを良く思わないで不安なら、アメリカではなく日本と友好条約や同盟国に成ってしまえば、 アメリカも日本の同盟国の中国に無闇に言葉を荒げないだろうに。 又韓国は日本が守っている幾ら日本に反発しても手を放さない
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/03/18 15:51)

    日本は今はアメリカの狗なんだが、だからって今後アメリカの力が弱まった時に、中国の狗になればいいって話でもないんだよな。 一日本人としては、アメの狗っていう現状には不満しか無いんだが、中国の狗になるのも願い下げだ。日本を含め、アジア諸国は大国の軛から脱するべきだと思う。まあ、だからといって軍事対立を奨励している訳ではない。 その国、その民族には一つや二つ「強み」があるだろう。そして、小国一つ一つが大国に勝てないとしても、連携が取れれば大国と対等にだってなれる筈だ。 理想論だと言う人もいるだろうが、これが出来なければ小国はどこかの大国の狗になるしかない訳で。国や民族同士の根深い対立なんかもあるし、楽な道筋ではないことも承知しているが、好んで血を流したいと思っている国も多くはあるまい。共に繁栄していけるのなら、それに越したことはない筈だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ato***** | (2018/03/14 17:06)

    >世界は中国に有利な方向に発展しているが、その中で日本は中国に対抗する手本を示している 日本を手本にしてもらえるのは有難いが、一方で手本にならないのが〈韓国〉だろう。アメリカのサードミサイルを配備したことで、すっかり中国に嫌われてしまった。もしどこかの国が日本を手本にするなら〈日本並みに内需〉を豊かにすることだ。それなら中国との貿易を制限されても生き延びることができる。韓国のように経済が貿易に依存していては、アメリカと中国を天秤にかけることは難しいだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事