航続距離600キロのEVが実現に向け加速

配信日時:2018年3月14日(水) 9時0分
画像ID 
全国政協委員、寧徳時代新エネ科技有限公司総裁兼CEOの曾毓敏氏は10日、記者に対して、「EV(電気自動車)の航続距離は、ガソリン車との大差がなくなってきている。使用面でも、未来のEVはガソリン車と差がなくなる。技術的にはもはや問題はないが、市場普及の難点となっているのは価格だ」とした。科技日報が伝えた。

同社はアップルやサムスンなどのスマホメーカー向けに電池の生産から発展し、今やリチウムイオン電池の販売で世界一になっている。その製品は多くの自動車メーカーに使用されている。

曾氏によると、同社は「次世代リチウムイオン電池産業化技術開発」プロジェクトを開始し、エネルギー密度の高い電池を開発している。現在の電池は航続距離が最長600キロに達しており、将来的にはさらに延びる見通しだ。クイック充電技術について、すでに30分間の充電で500キロの航続距離を実現している。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<