「南京大虐殺」に正面から向き合う村上春樹氏の作品、南京で発売記念イベント―中国紙

配信日時:2018年3月14日(水) 10時20分
「南京大虐殺」に向き合う村上春樹氏の作品、南京で発売記念式典
画像ID  970694
13日、新華日報によると、村上春樹氏の長編小説「騎士団長殺し」の中国版発売記念イベントが江蘇省南京市にある書店でこのほど開催された。写真は「騎士団長殺し」日本語版。
2018年3月13日、新華日報によると、村上春樹氏の長編小説「騎士団長殺し」の中国版発売記念イベントが江蘇省南京市にある書店でこのほど開催された。同紙は「南京大虐殺に正面から向き合う作品」と報じている。

イベントでは南京大学の但漢松(ダン・ハンソン)助教授、翻訳家の周嘉寧(ジョウ・ジアニィン)氏、馮涛(フォン・タオ)氏が作品の持つ影響力や作家が担う責任について意見を述べた。このうち馮氏は「南京大虐殺への言及は『ねじまき鳥クロニクル』ではわずかだったが、本作品の中国語版では1500文字に上る。さらに(死者の数について)40万人と10万人の違いは何かとも問いかけている」などと紹介。「村上氏は『歴史を忘れたり、すり替えたりすることは間違いだと思う』と語り、これを行動で示している」と指摘する場面もあった。

記事は「日本で『騎士団長殺し』は右翼のバッシングを引き起こしたが、歴史に正面から向き合う村上氏は多くの人の支持を得た」とした上で、但氏が「本作品の重点は歴史の詳細を探ることではなく『歴史に向き合う勇気を持つこと』」と捉えていることを伝えている。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/03/14 17:29)

    >さらに(死者の数について)40万人と10万人の違いは何かとも問いかけている 中国で『南京事件の死者数は10万人だった』と発言すれば〈精日〉と言われて投獄されるはずだ。それでも40万と10万の違いを問うことは意味がないのか。ちなみにわたしは〈南京事件は架空のもの〉と考えている。なぜなら〈動かぬ証拠〉が外国人が撮影した写真一枚では話にならない。〈生き証人〉の証言は、中国政府の厳しい検閲を通したもので、もはや証拠とは言い難いものだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hig***** | (2018/03/14 13:52)

    村上春樹は軽い男手、この「南京」が事実かどうか なんてまるで興味もなく調べてもいない。ただ中国人 の意識を感じて、自分のためにそれに同調した。自分の やったことがどれだけ中国人に間違った行動をとらせるか、 どれだけ中国人に利用されてるか、なんて思いもしていない。 能天気丸出しだが、今になって引っ込みもつかず、河野洋平 と同じく、「あれは自分の信念で書いた」といい始めている。 いつの時代もこんなアホがいるのだから、何処の国にもあって 日本に無い「国家の安全に触れる行いに対しての罰則」を設けるべきだ。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<