大手メーカーの発がん性物質混入事件受け、「外国産粉ミルク送って」ブーム再び―中国

Record China    2012年1月21日(土) 5時16分

拡大

18日、中国の大手乳業メーカー「蒙牛乳業」の四川工場で製造された紙パックの牛乳から発がん性を持つカビ毒が検出された事件を受け、中国で「外国産粉ミルク」を海外から送ってもらう人が再び増えている。写真は蒙牛乳業の四川工場。

(1 / 5 枚)

2012年1月18日、中国の大手乳業メーカー「蒙牛乳業」(内モンゴル自治区)の四川工場で製造された紙パックの牛乳から発がん性を持つカビ毒が検出された事件を受け、中国で「外国産粉ミルク」を海外から送ってもらう人が再び増えている。香港紙・明報が伝えた。

その他の写真

昨年12月、蒙牛乳業製の牛乳から発がん性を持つカビ毒が検出されたニュースが報じられると、中国系移民の多いカナダでは、中国国内の親せき・友人から「粉ミルクを送ってほしい」「帰省の際に持ち帰ってほしい」などの要請が相次いだ。

2008年のメラミン入り粉ミルク事件をきっかけに、カナダから中国に粉ミルクを送る人は常に一定の数を保ってきたが、バンクーバーの宅配業者によると、蒙牛乳業の事件を受け、その数は例年の約20%増となっている。

英国在住の中国人留学生も、せっせと粉ミルクを中国に送っている。中には赤ちゃんを中国国内に残したまま留学に来ているママさん留学生もおり、「送らなければ子どもは『断食』状態になってしまう」と切羽詰まった様子。

また、中には粉ミルクだけでなく紙おむつやチャイルドシート、ベビーバス、おもちゃ、洋服などすべてを国内に残した子どもに送る海外在住ママさんもいるが、「よく考えたらこちらでベビーシッターを雇った方が安いかもしれない」と頭を抱えている。

23日は中国の春節(旧正月)。これに合わせて一時帰国する人には、「粉ミルクを大量に持ち帰ってほしい」との依頼がひっきりなしに。中には「20缶持ち帰って」と友人から頼まれた人もいたが、「さすがに重いから無理。持ち帰りたいのはやまやまだが…」と困惑していた。(翻訳・編集/NN)

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携