同じ「精神日本人」なのに処罰が違うのはなぜか―中国メディア

配信日時:2018年3月13日(火) 5時50分
同じ「精神日本人」なのに処罰が違うのはなぜか―中国メディア
画像ID  970039
12日、現代快報は、「同じ『精神日本人』なのにどうして行政拘留になったり刑事拘留になったりするのか」とする記事を掲載した。資料写真。
2018年3月12日、現代快報は、「同じ『精神日本人』なのにどうして行政拘留になったり刑事拘留になったりするのか」とする記事を掲載した。

江蘇省南京市公安局は11日、微博アカウント上で「ネット上で『日本人にまた南京で虐殺させよ』との発言を拡散させた27歳の男について、同市の警察当局が刑事拘留した」と発表した。記事は「刑事拘留は、刑事事件としての手続きに入ることを意味する」と指摘している。

その一方で、先日同市内で旧日本軍の軍服を模した格好で写真を撮影しネット上に掲載した男2人と、ネット上で「南京大虐殺」の被害者を侮辱し同市の虐殺記念館で動画を撮影した上海在住の男が、上海市、南京市の警察当局からそれぞれ行政拘留処分を受けた。記事は「どうして今回だけは刑事拘留が科されたのか」と疑問を提起した。

記事によると、南京市警察当局の関係者は「刑事拘留としたのは、情状の重さ考えてのこと。男は1回だけにとどまらず、より過激な発言を行っていたため、情状が重いと判断した」と語ったという。江蘇三法律事務所の専門家も「警察の通知を見る限り、今回の件は先日よりも情状が重く、故意騒乱罪の疑いがあると判断したようだ」との見方を示している。

また、南京大学法学院の孫国祥(スン・グオシアン)教授は「行政拘留は行政罰の1つだが、刑事拘留は刑事上の強制措置。公安機関の捜査が終了後、起訴を経て裁判という手続きが踏まれる可能性がある」と解説した。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2018/03/13 10:20)

    大阪在住の〈巨人ファン〉と東京在住の〈阪神ファン〉では、裏切り度が違う違うということだろう。阪神ファンの場合は純粋な野球好きとも取れるが、巨人ファンは勝つ側に味方するという卑怯さがにじみ出ている。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/03/13 07:27)

    日本鬼子を殺せと扇動している映画ドラマ界はいいのか。尖閣暴動では日本車に乗っていた中国人が殺害され、多くの日本商店や企業が焼き討ちにあった。あれは騒乱罪では無いのか。中国人を殺せが刑事処分なら、日本人を殺せも刑事処分するのが文明国。未だに未開国から脱せない中国が軍事大国化するのは世界にとって危険だというこちを示す事件。
    このコメントは非表示に設定されています。
    32 1
最新ニュースはこちら

SNS話題記事