中国の商標登録件数が世界一に、新規出願件数の8割占める―中国メディア

配信日時:2018年3月12日(月) 10時10分
中国の商標登録件数が世界一に、新規出願件数の8割占める
画像ID  969416
中国国家工商総局の張茅局長はこのほど、中国の商標登録件数は世界一で、有効登録件数は1400万件以上と発表した。写真はインド・サウスデリー初のシャオミ専売店に集まった消費者。
中国国家工商総局の張茅(ジャン・マオ)局長はこのほど、中国の商標登録件数は世界一で、有効登録件数は1400万件以上と発表した。昨年の商標出願件数は580万件で、商標累計数は世界の4割近く、新規商標出願件数は世界の8割以上を占めている。人民日報が伝えた。

世界ブランド実験室が、ブランドの影響力と市場シェア、ブランドへの忠誠度、世界的なリーダーシップに基づき選ぶ最新の「世界ブランド500強(the world’s 500 most influential brands)」に、中国からは2013年比で1.5倍の37件の商標がランクインした。うち9件が世界トップ100に入った。そのうちアリババ・グループが順位を190位、中国石油化工集団公司が89位上げ、成長率が最も高いブランドのトップ2を占めた。2年前に設立されたばかりの中国中車は、トップ500のうち最も若いブランドと評価された。

最近のネットユーザーを対象とする調査によると、中国人ネットユーザーの中国商標ブランドに対する注目度は55%に達しており、国際有名ブランドの45%を上回った。

インドで数多くのファンを集めたシャオミやOPPOなどのスマホブランド、北米ドローン市場で半数のシェアを占めている大疆創新、さらには製品が世界100以上の国と地域に進出している中国中車やハイアールなど、多くの中国の商標が近年国際舞台で輝きを放ち、世界市場で中国の渦を巻き起こしている。(提供/人民網日本語版・編集/YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事