中国外相、西側の中国崩壊論は「世界の笑いもの」「自らが先に崩壊」―中国メディア

配信日時:2018年3月8日(木) 17時20分
中国外相、中国崩壊論は「世界の笑いもの」「自らが先に崩壊」
画像ID  968831
8日、中国の王毅外相は、開催中の全国人民代表大会に合わせて北京で記者会見し、西側諸国による「中国脅威論」や「中国崩壊論」についてコメントした。写真は王外相。
2018年3月8日、中国の王毅(ワン・イー)外相は、開催中の全国人民代表大会(全人代=国会)に合わせて北京で記者会見し、西側諸国による「中国脅威論」や「中国崩壊論」についてコメントした。

人民日報(電子版)によると、王外相は、中国が最近、圧力と工作で外国の意見を繰ろうとする「シャープパワー」を武器に世界に影響力を及ぼしているとする新たな中国脅威論が叫ばれていることについてコメントを求められ、「過去数十年、西側諸国の中国に対するさまざまな論評や予測は、中国崩壊論と中国脅威論の2つにまとめられる」との認識を示した。

その上で王外相は、中国崩壊論について「中国の持続的な発展により、(論自体が)先に崩壊してしまい、世界の笑いものになった」と指摘。中国脅威論については「(シャープパワーのような)新しく焼き直したものが登場したが、人々の支持は得られていない。事実は雄弁に勝る」と述べた。(翻訳・編集/柳川)
■レコチャアプリがリニューアル!■
デザインや仕様の変更により、使いやすくなりました。ぜひお試し下さい!
iOS版ダウンロードはこちら
Android版ダウンロードはこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/03/19 01:05)

    戦後日本が中国に対して戦後賠償的に、ODA・インフラ整備・技術協力をしてきたのは中国政府並びに中国国民が平和な社会で発展できる生活が送れる様にするためである。 中国政府はこの日本の取り組みこそが今の中国の基盤に成っている事を理解したうえで、先ずは安定させる事に取り組まないと中国国内の物価率が急激に上がっただけの利益でしかない国民が地に足を付けないと中国バブルで終わってしまう。 物価が三倍になっても質は当時のままでは、輸出してくれる国なんて無くなる。 インフラ整備にしても日本は金儲けで遣っている訳ではないので、他国と取り組んでも利益なんて産まれる訳が無い。 今中国がアメリカではなく、日本と友好条約を大々的に広めたら他国とトラブル無く日本の信頼を使って友好的に物事が進むだろうに昔みたいに武力でなんて無理な時代だ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Dat***** | (2018/03/08 22:11)

    中国の問題点は中華思想の傲慢さと資本主義の精神の欠如。どちらも致命的だと思うが、最近の個人崇拝と露骨な情報操作、監視社会、まるでジョージ・オーエルの世界を見るようだ。世界を敵にすると思うが。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事