アカデミー賞、「シェイプ・オブ・ウォーター」が作品賞など4部門で受賞

配信日時:2018年3月7日(水) 17時0分
アカデミー賞、「シェイプ・オブ・ウォーター」が作品賞など4部門で受賞
画像ID  968400
米映画芸術科学アカデミーは4日、ロサンゼルス・ドルビー・シアターで第90回アカデミー賞授賞式を開催。ノミネートを見ても、各受賞作品を見ても、今回のアカデミー賞は一層多元化され、フェミニズムアート運動を支持する形となっている。今回最も注目を集めたのはファンタジーロマンス「シェイプ・オブ・ウォーター」で、作品賞と監督賞を含む最多4部門で受賞した。新華社が報じた。

メキシコのギレルモ・デル・トロ監督がメガホンを握った「シェイプ・オブ・ウォーター」は、1962年、冷戦下の米国政府の極秘研究所で清掃員として働く女性イライザが、研究所内に密かに運び込まれた不思議な生き物を目撃し、その「彼」にすっかり心を奪われ、逃亡を手伝うストーリーだ。

ギレルモ・デル・トロ監督は、最大のライバルだった「ダンケルク」のクリストファー・ノーラン監督を抑えて監督賞も受賞した。同監督がアカデミー賞で受賞するのは今回が初めてだが、ここ5年でメキシコの監督が同賞を4回受賞することとなった。受賞者スピーチで、同監督は「私はメキシコからの移民」と自己紹介し、「アートは異なる民族の壁を消す力がある」と語った。

主演男優賞は「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」で、第二次世界大戦の英国首相のウィンストン・ チャーチルを演じたゲイリー・オールドマンが、主演女優賞は「スリー・ビルボード」で、田舎町で娘のために孤独に奮闘する母親を演じたフランシス・マクドーマンドがそれぞれ予想通り獲得した。

「スリー・ビルボード」ではマクドーマンドが演じたミルドレッドは、娘を殺され、犯人を逮捕できない警察に苛立ち、警察を批判する3枚の広告看板を設置する。マクドーマンドがアカデミー賞の主演女優賞を受賞するのはこれで2回目。スピーチでマクドーマンドは、アカデミー会場に女性がどれほど少ないかを示し、ハリウッドにおける男女格差を指摘した。

長編アニメーション賞はディズニーの新作「リメンバー・ミー」が受賞した。これで、同賞はディズニー作品が6年連続の受賞となった。その主題歌である曲「リメンバー・ミー」は主題歌賞を受賞した。

その他、中国の「完美世界影視」が投資に参加した「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」はメイクアップ&ヘアスタイリング賞、「ファントム・スレッド」は衣装デザイン賞を受賞した。(編集KN)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事