安全もぐらぐら!?観光客が集まる韓国の吊り橋スポットの管理実態に、韓国ネットから非難の声

配信日時:2018年3月8日(木) 12時20分
観光客が集まる韓国の吊り橋スポット、その危険な管理実態とは?
画像ID  967971
5日、韓国メディアは「費用が比較的安く環境破壊の影響も少ないことから韓国の地方自治体が相次いで吊り橋を設置している」とし、その管理の実態について報じた。資料写真。
2018年3月5日、韓国・JTBCは「費用が比較的安く環境破壊の影響も少ないことから韓国の地方自治体が相次いで吊り橋を設置している」とし、その管理の実態について報じた。

記事は1月11日に開通した江原道(カンウォンド)原州(ウォンジュ)市にあるソグム山の吊り橋について伝えている。冬季は午前9時から午後5時まで入場が可能で、現在は入場料をとっていないこともあり観光客が殺到しているという。旧正月の連休や平昌五輪の影響もあり、開通から2カ月足らずで30万人以上が訪れたとのこと。

しかし記事によると、休日には1日で1万人以上が押し掛けるにもかかわらず、吊り橋を管理する職員はわずか3人。橋は落下の危険を考慮しペットの入場を禁止しているが、実際に現場で入場を阻止することは難しい。また、命に関わる事故や火災を防ぐため飲酒と喫煙も禁止しているが、山のあちこちで酒の瓶やたばこの吸い殻が見られるという。

また、記事は「吊り橋前の登山道がきちんと整備されていない」としており、「別の道から登ってきた人たちが吊り橋を待つ人の列に割り込んだり、進入禁止区域で食事をしたりしていることも深刻な問題だ」と指摘している。ごみのポイ捨てを罰するという警告文も意味をなしていないという。

この他にも駐車場不足など各種の苦情が殺到しており、当該自治体では来年から施行する予定だった入場料政策を変更し、今年7月から3000ウォン(約300円)、市民からは1000ウォン(約100円)ずつとることにしたという。

最後に記事は「準備をもう少ししっかりしていたら、開通から50日もたたずに政策が(吊り橋のように)揺れることはなかったのではないか」と指摘している。

これに対し、韓国のネット上では「旅行好きの韓国人の皆さん。どうか山では秩序と規則を守ってください。われわれ国民が隣国の模範にならなければ」「日本人からしたら、韓国人も中国人も同じだと思う。マナーが悪い」「韓国は国民性が未熟だという言葉に共感」などと非難の声が続出している。

また、「このままだと吊り橋は崩れてしまう。事故が起きてから知らんぷりをするのはやめてよね」「あんなにたくさんの人が通っているのを見ると、数年後には事故が起こるだろう」と吊り橋の強度を心配する声も目立つ。

3000ウォンの入場料に対しても「3000ウォンって。まずは3万ウォン(約3000円)とらないと橋の維持や補修、秩序が作られない」など異議を訴えるコメントが寄せられた。(翻訳・編集/松村)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 2

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事