Record China

ヘッドライン:

日本に「死神チャーハン」を提供する店が!中国版ツイッターで話題に

配信日時:2018年3月7日(水) 17時20分
拡大
6日、日本の中華料理店が提供する「死神チャーハン」が中国版ツイッター・微博の検索キーワードランキングで一時10位となった。写真は一般的なチャーハン。

2018年3月6日、日本の中華料理店が提供する「死神チャーハン」が中国版ツイッター・微博(ウェイボー)の検索キーワードランキングで一時10位となった。

中国のネット上で話題になっているのは「京都激辛商店街」(京都府向日市)にある[王民][王民](ミンミン)向日町店の「死神チャーハン」。2013年に世界一辛い唐辛子としてギネス認定された「キャロライナ・リーパー」が使われているチャーハンで、微博に掲載された映像では防毒マスク着用で調理される様子や、これを一口食べた男性が辛さに悶絶する様子が紹介されている。添えられた説明によると、チャーハンを口に入れると激痛が走り、舌は燃えるような熱さを感じるそうだ。

この映像を見た中国のネットユーザーからは多くのコメントが寄せられており、「試してみたい!」「チャーハンを食べるのも命がけだ」「日本人はあっさりしたものを食べるんじゃなかったの?」「なんだか胃が…」「臭いが漂ってきそう」などの声が聞かれた。(翻訳・編集/野谷

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ランキング