韓国小学校の教科書に「日本軍慰安婦」の説明が復活=韓国ネット「載ってなかったの?」「真実を伝えることが政府の仕事」

配信日時:2018年3月6日(火) 10時20分
韓国小学校の教科書に「日本軍慰安婦」の説明が復活
画像ID  967485
5日、韓国メディアによると、新学期を迎えた韓国の小学校の社会科の教科書に、朴槿恵前政権時代には消えていた「日本軍慰安婦」に関する説明文が復活したという。資料写真。
2018年3月5日、韓国・京郷新聞によると、新学期を迎えた韓国の小学校の社会科の教科書に、朴槿恵(パク・クネ)前政権時代には消えていた「日本軍慰安婦」に関する説明文が復活したという。

記事によると、韓国の「全国教職員労働組合小等歴史教師の会」は、「新学期から使われる小学6年生の1学期の社会教科書に、日本軍慰安婦関連の写真と説明が新たに掲載された」と明らかにした。

昨年まで使用されていた教科書には写真や慰安婦という表現は使われておらず、「連行された人たちの中には女性も多く、そのうち強制的に戦場に連行された若い女性たちは日本軍から多大な苦痛を受けた」と書かれていたという。しかし、新しい教科書には従軍慰安婦たちの写真とともに「植民地であった韓国の女性のみならず、日本が占領した他の地域の女性たちも強制的に日本軍『慰安婦』として連行され、ひどい苦痛を受けた」との説明が追加され、「慰安婦」という単語が復活したとのこと。

記事は「慰安婦という表現は15年末の日韓合意直後の16年に教科書から除外された」とし、当時の状況について「朴槿恵政権時代の韓国教育部が中・高校の歴史教科書を国定化する作業を進めていた時で、教育部は『小学校の発達水準を考慮して慰安婦という表現を抜いた』という苦しい釈明をしたが、反発はかなり強かった」と説明している。小学校の教師たちが「教科書通りに歴史を教えない」と集団で宣言し、複数の教育庁が歴史補助教材の執筆に乗り出す事態にまで発展していたという。

記事ではまた「この他にも16年の社会科の教科書で物議を醸していたさまざまな叙述が修正された」と指摘。「10月維新(1972年10月の大統領特別宣言に始まる韓国の新体制)」は「維新独裁」に、1948年の「大韓民国樹立」は「大韓民国政府樹立」にそれぞれ修正されたそうだ。ただし、現在小学6年に適用されている2009年改正教育課程上の用語が変わらなかったことから、「自由民主主義」という表現については小単元のタイトルとしてそのまま残っているという。

これを受け、韓国のネット上では「え、教科書に載ってなかったの?それで教科書と言える?」「自分の時には載ってたけど、前政権の時にはなかったって?」など、記載がなかったことに対し「信じがたい」とするコメントが目立つ。

また「『慰安婦』というのは日本が犯罪性を隠すための用語であり、『性奴隷』という用語を使うべきでは?」との疑問の声や、前大統領に対して「朴槿恵は自分の父親(朴正煕元大統領)のことを美化して親日派のまねばかり」「親日派が政権を握ると歴史が丸ごとどこかへ飛んでいってしまう」など厳しい声も上がった。

その一方で、現政権に対し「真実を伝えることが政府の仕事」「これからは着実に歴史を立て直すべき」と期待を寄せるユーザーも見られた。(翻訳・編集/松村)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 10

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2018/03/07 12:02)

    小学生に政治教育をしたり政治に利用したりする国に明るい未来はない。ナチス・ドイツ、旧共産主義国家はすべて子供に自らのイデオロギーを吹き込むための政治教育を行った。子供にはサンタクロース(=希望)は存在すべきであって、そんな者は存在しない(=社会の醜さ)と教えてはならないのだ。大人になる過程で自然に知ればよいのだ。成長過程で無理にイデオロギーを刷り込まれると、心に障害に生じ、常にひがみや恨みを抱え、それを人のせいにする、何事にも消極的人格が形成され、人生を前向きに生きていくことができなくなり、不幸な一生を送ることになる。日本では昭和ヒトケタに多くみられる所謂反日的日本人もこの例である。韓国が今後も東アジアで自由な民主主義国として生きていくつもりであるならば、同じく自由で民主主義の日本(アジアにはこの2国しかない)を敵に回す慰安婦問題などは小学生に教えるべき事柄ではない。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2018/03/07 01:01)

    朴槿恵大統領が何故教科書に載せなかったのかを一切考えていないですね。朴槿恵はきっと真実知って居たのだと思いますよ。 韓国の慰安婦問題の真実を当時朝鮮を管理化に置いていたのは日本ですが平和的併合でした。平和的とは、朝鮮を植民地にして来た海外と違い日本は、朝鮮人に日本国籍を与えていた。そして朝鮮を管理していた当時の日本兵こそ、朴槿恵の父親なのです。 つまり朝鮮が言う所の日本兵とは、朝鮮人の日本志願兵なのです。 慰安婦問題に出て来る日本兵も当然朝鮮人です。 韓国政府が従軍慰安婦と名付けただけの、体を売るでは無く軍が管理するホステスさんなのです。 この制度は、日本兵が撤退した後も慰安婦所を朴槿恵の父親が作りアメリカ兵から外貨を稼ぐ手段にしていました。 普通に考えたら解かるでしょう。もしも日本人が韓国の女性を慰安婦に仕立てて居たら朝鮮人が日本兵に志願しますか? 志願兵どころか日本と戦争になってしまう
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/03/07 00:07)

    「日本軍慰安婦」自体は実在したからねえ。ただ、韓国側の主張によるイメージだけが独り歩きしてるだけで。 日中共同歴史研究みたいに、日韓双方の研究者が物証や考察を持ち寄り、意見を出し合って共同研究すればいいんだろうが、そういう動きは今のところ日韓両政府には見られないね。 韓国側にだって「帝国の慰安婦」の著者みたいな客観的な視点を持っている人もいるし、両政府にやる気さえあれば不可能ではないだろう。 まあ、従軍慰安婦が当時合法だったにしろ、現代の価値観とは相容れない負の遺産だった事は間違いないが。とはいえ、片方の勝手な想像だけで実像が歪められるのも好ましい事ではない。 いつまでも「やった・やらない」の水掛け論を繰り返していても意味はない。話を進めるためにはまず「実像」を掘り起こす事が必要だと、韓国世論と、一部日本の世論にも理解して欲しいものだが。
    このコメントは非表示に設定されています。
    20 3

最新ニュースはこちら

SNS話題記事