海上自衛隊はもうこんなに強くなっている!中国も準備しよう―中国メディア

配信日時:2018年3月6日(火) 1時10分
海上自衛隊はもうこんなに強く!中国も準備しよう―中国メディア
画像ID  967348
5日、中国メディアの環球網は、「中国も準備をしよう!日本の海上自衛隊はもうこんなにも強くなっている!」と題する記事を掲載した。資料写真。
2018年3月5日、中国メディアの環球網は、「中国も準備をしよう!日本の海上自衛隊はもうこんなにも強くなっている!」と題する記事を掲載した。

記事は、2日の参議院予算委員会で安倍首相が、護衛艦「いずも」の空母化検討について、「拡張性についてさまざまな検討を行うことは当然だ。危機が生じてからでは泥縄式になってしまう」と述べたことを紹介。小野寺防衛大臣も「護衛艦いずもへのF35B搭載を視野に入れた研究を行っており、さらに無人小型偵察機RQ21とヘリコプター型無人偵察機M8も調査対象にしている」と述べたことを伝えた。

また、記事は「以前、防衛省がヘリ空母でのF35B運用について全面的な検討に入っていたとの報道があった」と紹介。「日本メディアからはたとえ護衛艦であっても、艦載機を搭載したら軍事上は航空母艦となるとの指摘があった。これは攻撃型空母の保有を許さないという一貫した見解と矛盾している」とし、「アジア各国からの強烈な反対を招いている」と指摘した。

さらに、昨年12月26日の会見で、記者から「いずも」を空母に改修し、F35Bを「いずも」で運用することについて質問された小野寺防衛大臣が、「具体的な検討は現在行っていない」と否定するも、さらに問い詰められると「安全保障上、わが国の防衛力のあり方について、不断にさまざまな検討を行っていく」と回答したことに言及。不信感を示した。

記事はまた、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官がこの問題について、「日本側が取ろうとしている措置が日本国憲法第9条に違反する恐れがあるとの報道の指摘に注意を払っている。日本国憲法第9条は戦後日本の平和的発展路線の重要な法的保障および象徴であり、国際社会に対する厳粛な約束でもある。中国側は日本側に対して、専守防衛、平和的発展路線を堅持し、軍事・安保分野で慎重に行動し、地域の国々の相互信頼と平和・安定の増進に資することを行うよう促す」とコメントしたことも伝えている。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 4

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 芥川 ***** | (2018/03/28 08:29)

    みんな色々書いて居るが、現実問題として「日本は戦争が出来る国」では有りません。「太平洋戦争」の時と同じく、日本は自前の資源が全くありません。現在、幾ら良い兵器や装備を持って居ても戦争は「消耗」です。油も、鉄も、アルミも、外国からの輸入が止まれば、兵器・装備の補給はお手上げです。まさかアメリカを当てにして居るのではないでしょうね。其れに今はミサイルと核兵器の時代です。此れを使用されると「原発」の多い日本は泣き所一杯!安倍の様に外交力の無い奴に煽られていると、またぞろ日本は経済力だけでなく、物理的に再び“ペシャンコ”になるだけです。歴史に学ばず、強気ばかりを云う奴は、国を滅ぼす元凶です。現有「自衛隊」は容認するとして、「外交力」を徹底学習するべきです。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Ken***** | (2018/03/07 15:02)

    いずもは既にスペック的には「ヘリ空母」だよ。一般的な護衛艦よりも輸送艦としての機能や空間確保が重視され、実はそのぶん自分を護る武装が薄い。 だから自艦護衛用の艦載戦闘機なら積んでもいいんじゃないかなw
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ali***** | (2018/03/07 11:42)

    順番が逆だね 中国が軍拡して他国の海(南、東シナ海)に侵略しているから、 日本は警戒せざるを得ないので、仕方なく増強してるんじゃないか。 中国が侵略の野望を引っ込めれば、日本も無駄に金を使わずに済むんだよ。 バカヤロー
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事