「機長が退勤したから船で行け」?韓国航空会社の“不親切”対応が物議=「無責任」「当然では?」

配信日時:2018年3月5日(月) 21時0分
機長が退勤したから船で行け?韓国航空会社の“不親切”対応が物議
画像ID  967334
4日、韓国メディアは「韓国の航空会社の不親切な対応が問題になっている」と報じた。資料写真。
2018年3月4日、韓国・SBSは「韓国の航空会社の不親切な対応が問題になっている」と報じた。

記事によると、3日午後9時30分、ソウルの金浦空港を出発してマカオに向かっていたエアプサン(韓国の格安航空会社)の航空機が、霧の発生によりルートを変更し、4日午前2時ごろに香港の空港に着陸した。約140人の乗客はそこで8時間以上待機したという。

この時の状況について、記事は「航空会社からは説明もホテルの提供もなかったため、乗客たちは機内や空港のロビーで夜を明かした」と説明している。さらに「その後にさらに大きな問題が起きた」とし、「勤務時間が終わったとの理由で当該航空機の機長が退勤したため、乗客たちは航空便ではなく船でマカオまで行くことになった」と伝えている。

乗客たちからは「機体に欠陥があるのではないか」との疑惑が出るなど不満が相次いだというが、航空会社側は「機体の欠陥ではない。天候と機長の法定労働時間のためどうしようもなかった」と説明したという。しかし、それでも同問題の波紋は収まっていないそうで、最後に記事は「格安航空会社の遅延や欠航問題が相次いでいるため、航空会社は乗客との信頼を守るための対策が必要だ」と指摘している。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「無責任だ」「代わりの機長を用意しなかった航空会社が悪い」「対応に誠意が感じられない」「韓国内ならまだしも海外で?エアプサンは本当に無責任でサービスが最低」「代わりの機長1人手配できないなんて。システム改善が必要だ」など航空会社に対する不満の声が多く上がっている。

機長に対しては「機長は操縦したくてもできなかった」と擁護する声が上がる一方で、「法律を守ったのだから批判はできないけど、なんか冷たい」「任務が完了していないのに。乗客全員を目的地に連れて行くことが機長の仕事でしょ?これはひどい」と指摘する声も。

一方「霧のせいなら仕方ない」「当然の対応では?」「近いんだから船の方が良くない?」「大手ならホテルくらい用意しただろうけど、格安航空会社だから仕方ない。原因は天候だし、大手と同じレベルのサービスを期待してはいけない」と主張する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事