世界の元慰安婦女性たちがソウルに集結「日本政府は謝罪と賠償を」=韓国ネット「世界が力を合わせるべき」「Me Too運動の対象は日本に…」

配信日時:2018年3月8日(木) 19時10分
世界の元慰安婦女性たちがソウルに集結「日本政府は謝罪と賠償を」
画像ID  967116
8日、韓国メディアによると、韓国のソウルで「日本軍性奴隷問題解決のためのアジア連帯会議」が開催された。写真はNソウルタワー。
2018年3月8日、韓国・聯合ニュースによると、韓国のソウルで「日本軍性奴隷問題解決のためのアジア連帯会議」が開催された。

同会議は元慰安婦女性らの支援活動を行う韓国の団体「韓国挺身隊問題対策協議会」の主催で開かれ、今回で15回目を迎えたという。今回の会議には中国、韓国、インドネシア、フィリピン、台湾、日本、米国、ニュージーランドなどの元慰安婦女性や活動家が参加したとのこと。

会議では、14歳の時に中国海南省の小さな村で日本軍に連行され、慰安婦としての生活を強要されたと主張する中国人女性が「日本政府から謝罪を受け、名誉を回復できるよう助けてほしい」と呼び掛けたという。同女性は「日本軍人から性的暴行を受け、息子を出産した。息子について、村人から『日本軍の子ども』と軽蔑されることもあった」と話し、日本政府に向けて「被害者に謝罪と賠償をして、悲劇が繰り返されないよう努力しなければならない」と涙ながらに訴えたそうだ。

また、12歳の時に日本軍に連行され、労働や慰安婦生活を強要されたと訴えるインドネシアの女性は「私を動物のように扱った全ての行為について、日本政府の責任を問いたい」とし、「正当な謝罪と賠償を望む」と主張したという。

主催団体の尹美香(ユン・ミヒャン)代表は「(慰安婦問題の解決は)被害者たちが納得できる解決策を提示することが第一歩」と、12回目の同会議で採択された提言を改めて強調。日本政府に対し「たとえ1人でも、被害者が生きている間に提言を実行しなければならない」と述べたという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからも日本政府に対し「安倍首相は心から謝罪するべき」「日本は謝罪するだけでなく、慰安婦の歴史を正しく記録し、後世に伝えてほしい」などと訴える声が寄せられている。

また、今回の会議について「いい動きだ。韓国だけでなく、世界が力を合わせて謝罪を要求すべき」「日本の謝罪を受ける日まで、こうして戦い続けなければならない」と評価する声も。

その他「Me Too運動の元祖は慰安婦。今後、Me Too運動の対象は日本に向かうだろう」と指摘する声や、「慰安婦の事実を日本政府だけでなく、韓国野党も無視して隠そうとしていることが悲しい」と主張する声も見られた。(翻訳・編集/堂本
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 6

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ロビタ***** | (2018/03/09 07:30)

    韓国政府は、韓国国民を海外で慰安婦問題を叫ばさせない方がいいのではないか? 世界は歴史がまともだから、そんなことして居ると韓国国民に韓国政府が韓国国民に教え込んで居る嘘の歴史がバレてしまうぞ! 慰安婦問題とされて居るとき朝鮮に居た日本兵が全て日本兵に志願した朝鮮という事や海外で、婦女暴行を起こして居たのは、皆朝鮮人国籍の日本兵だったこともばれてしまうぞ。 韓国内では、朝鮮人が、日本は胃に志願して居たことは機密事項になって居るんだろ
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 赤帽子***** | (2018/03/09 01:14)

    me tooいいね。ベトナムのライダイハン達も親も立ち上がれば良いのに不問にするなんて心が広い人達ですね。それに比べてかの国の人達ときたら、、、
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 丹楊***** | (2018/03/08 20:51)

    そもそも、慰安婦問題は日本が設立した女性のためのアジア平和国民基金で賠償金と日本の首相から謝罪の手紙を受け取って終わりとしていたよな 今更Gの如くポコポコ湧いて来ても知らんし朝鮮人に踊らされた嘘つき婆としか思えんわ なにより、慰安婦について訴えるなら何故ソウルに行くんだよ!! 日本に来ずに韓国なんかに行ってゴチャゴチャ言った所で何の意味も無い上に 日韓合意に対してゴチャゴチャ言ってる市民団体に利用されているだけと理解出来んの? 日本との問題事に対して正々堂々と抗議をしたいのなら日本に来て正式に要求を訴えるのが筋じゃないのかい? こそこそと韓国で騒いだところで何ら正当性も無い上に後ろ暗い事が在るから日本に来れないんだろとしか受け取れんよ
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事