Record China

ヘッドライン:

日本人留学生が河南省の農村を見学、「まるで桃源郷」と称賛―中国メディア

配信日時:2018年3月6日(火) 8時50分
拡大
4日、人民網は、日本人留学生が中国河南省の農村を見学した際の様子を伝えた。資料写真。

2018年3月4日、人民網は、日本人留学生が中国河南省の農村を見学した際の様子を伝えた。

記事によると、五星奨(中国語コンテスト)で受賞し中国に留学した8人の日本人学生が、中原の地である河南省を訪れた。学生らは「中国の農村は本当に美しい。日本にいた時に想像していたのとはまったく違う」と述べたという。

太行山脈の南にある裴寨村には、深い赤色の戸建て住宅が並んでいる。お年寄りは公園で日なたぼっこをし、子どもたちのはしゃぎまわる笑い声が聞こえてくるというのどかな場所。この村の博物館では、村委員の裴竜徳(ペイ・ロンダー)委員が村の発展について学生らに説明した。

説明を聞いた学生からは「『豊かになるまでは休まない』との言葉がとても印象に残っている」「裴春亮(ペイ・チュンリアン)は豊かになっても故郷を忘れず、貧しかった村を豊かな村に変えた。これは大きな愛。帰ったらクラスメートにこの話を聞かせてあげたい。みんなにとって勉強になること」などの感想があったという。

記事は「この旅行で日本人留学生たちは河南省の美しい山と水を体験した」と紹介。学生からはその美しい風景に「まるで桃源郷のよう」との声も出たそう。また、「特に驚いたのが、ここのトイレは温水とトイレットペーパーがあったことだ。とても人に優しい」との感想を述べた参加者もいたようだ。この学生は10年ほど前にも河南省を旅行で訪れたことがあるといい、その時は観光地の整備が進んでおらず、あまり良い思い出はなかったという。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング