2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

「日本で花見」の中国人が激増、旅行サイトの予約は前年比6割増に―中国メディア

配信日時:2018年3月3日(土) 5時0分
「日本で花見」の中国人が激増、旅行サイトの予約は前年比6割増に
画像ID  966332
1日、澎湃新聞は、今年の花見シーズンに日本旅行を予約している中国人観光客の数が昨年より6割多くなっていると伝えた。写真は花見客。
2018年3月1日、澎湃新聞は、今年の花見シーズンに日本旅行を予約している中国人観光客の数が昨年より6割多くなっていると伝えた。

その他の写真

オンライン旅行予約サイトの驢●●(●は女へんに馬)のデータによると、訪日花見ツアーの申し込み人数が昨年の同じ時期と比べて60%増えているという。東京、京都、大阪、福岡、名古屋が人気の高い目的地になっており、6日間のツアーが人気を集めているそうだ。なお、航空運賃の上昇に伴い、昨年よりもツアー代金は6%ほど高くなっているという。

同サイトの国外旅行担当者である応剣峰(イン・ジエンフォン)氏は「今年の訪日花見ツアーのピークは3月20日から5月初めまで続く見込み。一部のツアーではすでに満員近くになっており、お目当てのコースがあれば、1カ月前から予約することをお勧めする」と語っている。

記事はまた、日本で花見をする観光客が増える一方で、今年は中国国内の花見スポットも人気を集めていると紹介。同サイトの国内花見旅行予約数が昨年よりも4割近く増えており、著名なスポットがある上海、武漢、無錫、昆明、北京といった都市に人気が集まっているようだ。(翻訳・編集/川尻
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事