【募集中】韓国語社内スタッフ

中国人母子が日本の農家に体験宿泊、飾らないもてなしに感激、「まるで『ちびまる子ちゃん』の世界だった」―中国メディア

配信日時:2018年3月3日(土) 11時0分
中国人母子が日本の農家に体験宿泊「まるでちびまる子ちゃんの世界」
画像ID  966201
中国人母子が日本の農家に体験宿泊した。自家製の食材に手製の食事のもてなしなど、母親は子どもたちに貴重な体験をさせてもらえたと話した。資料写真。
2018年3月1日、環球網によると、日中国交正常化45周年を記念して日本政府観光局(JNTO)が行った「日本の夢の旅 クリエイティブ絵画コンテスト」で入賞した子どもとその保護者が4泊5日の日程で日本を訪れ、雪の積もる長野県上田市の農家に体験宿泊した。

宿泊先は旧武石村の児玉さんのお宅。68歳の児玉さんは用意した日中英3カ国語のハンドブックを片手に、中国から来た子ども2人と母親2人の一行をもてなした。

食事はすべて児玉さんの手作りで、しかも「お米や野菜、果物など、食材はすべて家で採れたもの」と話すと、母親たちだけでなく、取材に訪れた記者も驚いた。夫が存命だった頃は60種類以上栽培していたが、今は30種類ほどだという。

児玉さんは16年前から体験宿泊を始め、10年ほど前から外国人の体験宿泊を受け入れるようになった。去年から中国人客も宿泊するようになったという。

2017年には137人が宿泊。家は12〜13人ほど泊まれる広さだが、十分もてなせるようにと一度に泊めるのは5人までにしていると話す。

児玉さんは農家の生活を紹介したり、以前宿泊した中国人客の残した絵を見せたり。絵を見た子どもたちは日本の漫画やアニメの話をし、母親たちは中国からみやげに持ってきた中国の調味料を児玉さんに手渡すと料理の話に花が咲くなど、話題は尽きなかった。

翌朝は気温マイナス十数度。朝食をごちそうになった後、名残を惜しみつつ一行はバスで出発した。

児玉さんは別れを惜しみ、子どもたちは「よく寝れた。もっと泊まりたい。みんなで布団を並べて寝るととても暖かで、1人ずつのご飯はまるでちびまる子ちゃんの世界みたいだった」と小学2年生の子どもは体験宿泊がとても楽しかったと語った。

一方、母親たちは、児玉さんの飾らないもてなしや心尽くし、子どもにとても貴重な体験をさせてもらったことに感謝するとともに、児玉さんのような農家の粒粒辛苦に頭が下がる思いだったという。(翻訳・編集/岡田)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事