韓国市民の独立運動記念集会に変化?「反日感情を捨てる時」の声も

配信日時:2018年3月2日(金) 18時20分
韓国市民の独立運動記念集会に変化?「反日感情を捨てる時」の声も
画像ID  966162
1日、韓国メディアによると、「3・1節」99周年を記念し、ソウルのあちこちで保守団体や進歩(革新)系団体による集会が開かれた。資料写真。
2018年3月1日、「3・1節(※韓国の祝日。1919年3月1日、日本統治下で起きた独立運動を記念した日)」99周年を記念し、ソウルのあちこちで保守団体や進歩(革新)系団体による集会が開かれた。韓国・ニュース1によると、一部の保守団体からは「今後、3・1節の記念行事から反日感情をなくすべき」との主張が出るなど、かつてとは異なる様子が見られたという。

ニュース1によると、「3・1節連合集会総括本部」は同日11時30分、ソウル・中区にあるホテルで記者会見を開き、日米韓同盟の重要性を強調した上で「これからは反日感情から抜け出し、未来志向的に国の未来を見つめなければならない」と話したという。

記者会見に出席したイ・ジェチュン前ロシア大使は「過去の3・1集会は抗日感情を思い出させる行事だった」とし、「これから韓国が生きていく上で、反日感情を抱いてはならない」と話したという。さらに「韓米同盟も大切だが、より効果を高めるには日本を含めた3カ国協力が非常に重要」と分析し、「いまだに反日感情をあおる文在寅(ムン・ジェイン)政府の過去志向的な姿勢は間違っている」と主張したという。また「かつての日本植民地時代に独立に向けてもがいたように、これからは韓米日の3カ国協力を強化し、共産主義に向かう憲法を阻止するために努力するべき」と重ねて強調し、「今日の集会では少なくとも『反日の声』は出ないだろう」と述べたとのこと。

また、聯合ニュースによると、同日にはソウルの日本大使館前でも集会が行われ、同じくソウルの有名観光地・光化門広場では日本植民地時代に日本に渡って犠牲となった人たちの遺体を返還する追悼祭が開かれるなど、各地で関連のイベントが行われた。(翻訳・編集/松村・堂本
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 10

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 丸山隆***** | (2018/03/05 09:20)

    反日の原因が植民地、植民地にならざるを得なかったのは朝鮮。日本が日中、日露戦争で負けておれば反中、恨露になっていること考えたことあるのか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ロビタ***** | (2018/03/05 03:55)

    韓国国内で大統領を罪人として捕まえると決めたなら一緒に、前韓国大統領の父親も罪人として韓国国内から歴代の韓国大統領の膿を出し切る良い機会なのではないのか? 韓国が生まれ変わるために導入したパソコン等の技術が今裏目に出て、今の韓国国民の4割は韓国の嘘の歴史に気が付いている。 この機会に嘘を前を吐き出して事実を国民に伝えるべきなのではないか? 戦後から日本は韓国の為に資金援助、技術協力、インフラ整備をして助けてくれたいたのに、韓国政府は、国民に日本から援助されている事を言うの無能だとバレルので総てを隠し始めた。 そして日本政府がお金を出してくれたのに、国内で反日だと叫んで、国民に日本を嫌っているから援助されているとは思わせないようにしてきた。 早く韓国国民に事実を公表して、新日国に戻らないと、既に日本は韓国を友好国だと思わなくなってきている
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2018/03/04 11:16)

    ん~、これ、別に日本との友好を視野に入れた発言でもない気がするが。 文在寅政権を下ろすために、「敵の敵は味方」という位置付けにしてるだけのような気がする。 前政権の朴槿恵大統領がそうだったように、右左の政治思想と反日するかどうかってのは無関係だしね。文在寅政権が潰れたとしても、根本的な芽が摘まれてない以上は、またどこかで日本に対する「恨み」が噴出してくると思うよ。 まあ、この辺の「恨み」ってのは、世代交代で薄まるのを待つしか無いのかね。それも政府次第の部分はあるけど。中国みたいに、それまでそこそこ友好的だったのが、ある日突然学校で反日教育を始める事もあるし。 教育が政府次第ってのは、他人事でもなくて日本でも言える事だけど。 殊に歴史教育は、客観性を欠いてしまえば子々孫々と関係国に禍根を残すことにも繋がる。戦前戦中の軍国主義をやたらと美化してる連中がいる以上、無関心ではいられまい。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事