「河野外相と笑顔で自撮り」の中国女性報道官、国家政権転覆罪で逮捕?「未確認情報」飛び交う

Record China    2018年3月1日(木) 15時20分

拡大

1日、河野太郎外相との「笑顔のツーショット」でも話題を呼んだ中国外交部の華春瑩報道官について、「国家政権転覆の疑いで逮捕された」などとする「未確認情報」が、海外華人向けのネット掲示板やツイッターなどで飛び交っている。写真は華報道官。

2018年3月1日、河野太郎外相との「笑顔のツーショット」でも話題を呼んだ中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官について、「自宅から500万ドルと米国への移民に向けた資料が警察に押収され、国家政権転覆の疑いで逮捕された」とする「未確認情報」が、海外華人向けのネット掲示板「未明空間」やツイッターなどで飛び交っている。

中国外交部の定例記者会見は現在、報道局長の陸慷(ルー・カン)氏と、副報道局長の華春瑩氏、耿爽(グン・シュアン)氏の3人が交代で担当しているが、華報道官が1カ月近くも記者会見を担当していないことなどが背景にあるようだ。

米華字メディアの多維新聞は2月28日、「華春瑩氏の『神隠し』、海外でうわさ飛び交う」とこの話題を伝えた上で、「華氏が米国に移民するという情報がネット上で伝えられたのはこれが初めてではない。16年と17年にも同様のうわさがネット上で広まったが、どちらもデマだと打ち消された」と注意を促している。

台湾メディアのアップルデイリー(蘋果日報)も同28日、この話題を取り上げた上で、「中国外交部のもう一人の報道官である陸慷氏が今日の定例記者会見でこのうわさを否定し、近日中に華氏が記者会見を担当すると語った」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

アジアの雑貨をお手頃価格で!ショッピングサイト「ANOMADO」オープン詳しくはこちら

求人情報はこちら

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携