Record China

ヘッドライン:

旧日本軍の格好で「はい、ポーズ!」、訴訟に発展の恐れ―中国

配信日時:2018年3月1日(木) 16時40分
拡大
中国人男性2人が旧日本軍のコスプレをして写真撮影した問題が訴訟に発展するかもしれない。

2018年2月27日、中央人民広播電台(CNR)によると、中国人男性2人が旧日本軍のコスプレをして写真撮影した問題が訴訟に発展するかもしれない。

男性2人がコスプレをしていたのは、南京の紫金山にある抗日戦争の遺構前。当局から15日間の行政拘留処分を受けたが、「処分が軽すぎる」という声が少なくないという。

南京のある弁護士は、抗日戦争を戦った元兵士が「民族のプライドを傷つけ、侮辱した」として、2人に対し全国のメディアを通じた謝罪を求めるなどの民事訴訟を起こす準備をしており、また同様の事件が起きないように法整備を呼び掛けていることを明かした。

弁護士は、「2人が以前から同様の騒ぎを起こしていたこともわかっており、また組織的、計画的な行為で、なおかつ社会的な影響も大きい」とし、刑法の騒乱挑発罪の適用が妥当ではないかと見ているという。

なお、2人に対しては、ネット上だけでなく南京大虐殺の生存者やその家族からも、「行政拘留15日だけでは軽すぎ、同じようなことがまた起きてしまう」との声や、訴訟について「被害者の1人として、訴訟に賛成だ」などの声が出ている。(翻訳・編集/岡田)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

韓国の慰安婦合意への立場変更は当然!日中の専門家の主張に、韓国ネット「再交渉してほしい」「すべての合意が意味のないものに…」

27日、韓国政府が朴槿恵政府時代の15年末に締結された日韓慰安婦合意をめぐり「慰安婦問題が解決された訳ではない」との立場を貫いていることについて、日本と中国の専門家が「当然だ」との立場を明らかにした。写真は韓国・ソウルの慰安婦少女像。

Record China
2018年2月27日 22時0分
続きを読む

ランキング