Record China

ヘッドライン:

東京五輪マスコット決定、中国ネットの反応は?

配信日時:2018年2月28日(水) 20時20分
拡大
28日、2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットが、大会エンブレムと同じ市松模様があしらわれているのが特徴のロボット型の「ア案」に決まったことが、中国でも話題となっている。

2018年2月28日、2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットが、大会エンブレムと同じ市松模様があしらわれているのが特徴のロボット型の「ア案」に決まったことが、中国でも話題となっている。

神社のキツネや狛犬(こまいぬ)をモデルにした「イ」案、日本古来のキツネとタヌキをモチーフにした「ウ」案の3案の中から、日本全国の小学校と海外の日本人学校で、クラスごとに一つを選び1票を投じる仕組みで、計1万6000校以上、約20万のクラスが投票した結果、10万票以上を獲得した「ア」に決まった。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)でも多くのコメントが寄せられており、正式決定したマスコットについて「ロボットと桜。日本らしくていい」「クール。ぜひ買いたい」などおおむね好評だった。

また、「ウ案のタヌキがかわいい。これが選ばれると思っていた」という反応も多く、あるアカウントに書き込まれたコメントでは上位10件近くがいずれもウ案を推すものだった。

選ばれたア案の「五輪版」については、日本の特撮テレビドラマ「ビーロボカブタック」の登場人物のキャプテントンボーグに、桜の触角がある「パラリンピック版」については、同じく「ビーロボカブタック」のテントリーナに似ているというマニアックな指摘もあった。

一方で、2008年北京五輪のマスコットの、魚、パンダ、チベットカモシカ、ツバメ、聖火をモチーフにした5人の子どもの「福娃(フーワー)」の方がかわいいという声も多かった。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

東京五輪のマスコット候補=「中国のあれに似ている」「投票のやり方は評価すべき」、中国ネットで賛否両論飛び交う

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は7日、マスコット候補の3作品を公表した。同ニュースは中国の大手メディア、ポータルサイトが取り上げており、中国版ツイッター・新浪微博でも大きな注目を集めている。写真は「福娃」が描かれた中国の航空機。

Record China
2017年12月8日 10時40分
続きを読む

中国人が日本のゆるキャラに投票、選ばれたのは大人気のくまモンではなく…―華字紙

28日、華字紙・日本新華僑報によると、中国の大手旅行会社などがこのほど東京・大手町で実施した中国人対象の「日本のゆるキャラコンテスト」で、群馬県の「ぐんまちゃん」が1位となった。中国でも大人気のくまモンではなかった。写真はくまモン。

Record China
2017年9月29日 10時0分
続きを読む

ランキング