Record China

ヘッドライン:

上海のサファリパーク、「壁越え」不正入園手引きするグループが暗躍―中国メディア

配信日時:2018年3月2日(金) 1時50分
拡大
28日、中国・上海市の郊外にあるサファリパーク「上海野生動物園」の周辺で、客が入園料を支払わずに壁を越えて不正に入園する手引きをするグループが2年間も暗躍しているという。資料写真。

2018年2月28日、中国メディアの鳳凰網は、上海市の郊外にあるサファリパーク「上海野生動物園」の周辺で、客が入園料を支払わずに壁を越えて不正に入園する手引きをするグループが2年間も暗躍していると伝えている。

記事によると、グループは4人組で、3人が最寄りの地下鉄駅で客引きをし、車で動物園の外まで送り届け、残りの1人が壁にはしごを掛けて入園させる。入園料は大人が130元(約2200円)だが、グループは100元ほどで不正入園の手引きをする。多い時で1日に70〜80人が「客」となるという。

ただサファリパークの目玉である「猛獣エリア」を見学するバスに乗るには入場券を提示しなければならない。記事は「100元を払っても見学できるのは限られたエリアだけ。得かどうか、考えてみる必要がある」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

北京の名門大学に見学待ちの大行列、「並ばずに入れる」持ちかける「業者」も―米華字メディア

6日、中国では夏休みを迎え、来年6月の大学受験を控えた受験生や親たちが志望大学を見学に訪れている。中国の最高学府である清華大学や北京大学では、見学待ちの人たちが大行列を作り、キャンパスに入るまでに数時間も待たされることもあるという。写真は清華大学。

Record China
2017年8月8日 13時10分
続きを読む

ランキング