Record China

ヘッドライン:

中国西部の経済発展に寄与する「平鎖高速道路」開通―雲南省

配信日時:2007年2月14日(水) 22時0分
拡大
2007年2月14日に正式開通した、片側2車線、全長61.3kmの平鎖高速道路。
(1/3枚)

2007年2月14日、雲南省から広東省、広西省を結ぶ幹線道路(昆明から羅村口)の一部を占める「平鎖高速道路(平遠街〜鎖竜寺)」が正式に開通した。この高速道路の開通により、昆明から広東、広西までの移動時間は1時間に短縮される。これにより、雲南省から他地域への貨物の運送が便利になり、中国西南部の経済発展に大きな影響を及ぼすと見られている。

その他の写真

全長61.3kmの平鎖高速道路は、東は硯山〜平遠街までの高速道路に接続し、西は昆河(昆明〜河口)道路に接続する。さらに今後建設される石林〜蒙自までの高速道路にも接続をする予定。文山、硯山県、開遠県と弥勒県を経由する平鎖高速道路は、片側2車線で、時速80km制限となっている。

平鎖高速道路は雲南省の「第95か年計画」と「第15か年計画」で建設予定に挙げられた6つの道路の1つ。雲南省だけでなく、中国の高速道路ネットワークにおける重要な移動手段であり、西南地区の交通、経済の発展に重要な意味を持っている。

ランキング