2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国人が当たり前に使っているアレ、日本人は最初は拒否するも使い始めると手放せず―中国メディア

配信日時:2018年8月2日(木) 11時50分
中国人が当たり前に使うもの、日本人も使い始めると手放せず
画像ID  965310
1日、中国メディアの観察者網は、「ネットショッピング」と「モバイル決済」について「中国人は当たり前に使っているが、日本人は最初は拒否しながらも、いったん受け入れてからは手放せなくなってしまったようだ」とする記事を掲載した。写真はスマホ決済。
2018年8月1日、中国メディアの観察者網は、「ネットショッピング」と「モバイル決済」について「中国人は当たり前に使っているが、日本人は最初は拒否しながらも、いったん受け入れてからは手放せなくなってしまったようだ」とする記事を掲載した。以下はその概要。

管理職に就くようなやや年かさの日本人は、その多くが「ネットショッピング」と「モバイル決済」に拒否反応を示すが、一度体験すると、その便利さから気に入ってしまい、すっかり手放せなくなってしまうと伝えた。

日中合弁企業の総経理の高橋さん(仮名)は、年齢は50歳を超えるが、中国最大の通販サイトの淘宝(タオバオ)もモバイル決済の支付宝(アリペイ)もシェア自転車も、喜々として使いこなしているという。

当初はこうした新しいサービスには否定的だった。だが使い始めてみると、列車や飛行機のチケットの購入も、普段の外出も格段に便利になり、今では週末は、シェア自転車に乗って出掛けている。一時帰国した際に、日本でもコンビニなどで徐々に中国のモバイル決済が利用できるようになっているのを知り、「やはり便利なのだ」と実感したという。

中国人がどんどん海外旅行に出掛けるようになり、中国のモバイル決済サービスは世界各国に進出している。

中国のモバイル決済に欠かせないQRコードは、実は日本で発明されたものだ。中国ではすでに広く浸透しているが、日本も6月に、経済産業省がQRコードを使った決済の規格統一に乗り出すことを決めた。いわば逆輸入だ。(翻訳・編集/岡田)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事