韓国人が発見!日本のスポーツのすごいところ

Record China    2018年3月4日(日) 9時0分

拡大

28日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「日本のスポーツのすごいところ」に関するスレッドが立ち、ネットユーザーが注目している。資料写真。

2018年2月28日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「日本のスポーツのすごいところ」に関するスレッドが立ち、ネットユーザーが注目している。

スレッド主が指摘したのは「日本が東洋(アジア)で人気のないスポーツに投資し続けている」こと。第1に、日本人はスポーツにおいて「脱アジア」への欲が強いとしている。アジア人が苦手とされる種目にも根気強く投資を続け、世界レベルまで引き上げていくというのだ。特に、陸上のリレーについては「ありえない」という言葉で称賛している。

その一方で、韓国については「(日本から)刺激を受けて一緒にレベルが上がっている」と分析している。

これを受け、他のネットユーザーからも「日本は学校のアマチュアスポーツにも投資している」「韓国もお手本にすべき」「五輪を見るとどの種目にも日本人がいる」「スポーツインフラは本当にうらやましい」など称賛の声が相次いでいるが、「でもインプットに比べてアウトプットは微妙」「韓国は始めるのが遅いけど、いざ始まったら成長が速い」「男子アイスホッケーは韓国の方がランキングが上」と反論する声も。

その他「これもある種の『オタク』文化と考えられる」「人気・不人気、金になる・ならないを超えた『匠(たくみ)』の精神のような文化」「日本は漫画などになじみのないスポーツや職業がたくさん出てくる。韓国はドラマがこの役割を担うべきなのに、フィクションや嫉妬が主なテーマになっている。これでは全然意味がない」など、さまざまな意見が寄せられた。(翻訳・編集/松村)

この記事のコメントを見る

難しい文法もAちゃんがやさしく解説!楽しみながら「おもてなし中国語」をマスターしちゃおう!
購入はこちら

新疆ウイグル自治区を150回以上訪問、『現代の阿倍仲麻呂』と呼ばれている小島康誉氏。人気コラムが待望の書籍化!購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携