“平昌五輪金メダリスト”韓国の英雄にメダル剥奪の危機?=韓国ネットからは擁護の声

配信日時:2018年4月12日(木) 7時40分
“平昌五輪金メダリスト”韓国の英雄にメダル剥奪の危機?
画像ID  964798
10日、韓国メディアによると、韓国大統領府の掲示板に、“スピードスケート長距離の英雄”とまで呼ばれた李承勲選手の「金メダル剥奪」を求める請願が掲載され、話題となっている。写真は平昌五輪会場近くのオブジェ。
2018年4月10日、韓国・聯合ニュースによると、韓国大統領府の掲示板に、“スピードスケート長距離の英雄”とまで呼ばれた李承勲(イ・スンフン)選手の「金メダル剥奪」を求める請願が掲載され、話題となっている。

記事によると、2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪スピードスケートマススタートで金メダルを獲得した李選手は、冬季五輪の舞台で5個のメダルを獲得し“韓国の英雄”となった。しかし、7日に放送された韓国のテレビ局SBSの番組「それが知りたい」の「冬の王国の陰−議論の氷上連盟」の回で、「大韓氷上競技連盟のチョン・ミョンギュ副会長(当時)の最大の保護を受けた受益者」として描かれたという。記事は「放送後、李選手は瞬く間に“氷上の英雄”から“氷上の積弊”と呼ばれる事態になった」と伝えている。

同番組は、「チョン元副会長が平昌五輪で李承勲選手が金メダルを獲得できるよう、鄭在源(チョン・ジェウォン)選手にペースメーカーの役割をするよう指示した」と紹介した。視聴者からは「李承勲がチョン元副会長の保護を受けて五輪金メダリストとなった」との声が上がり、李選手を「氷上界の積弊」として大統領府の国民請願掲示板に金メダル剥奪を求める請願まで掲載されたという。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは2000件に迫るコメントが寄せられており、この問題への関心の高さがうかがえる。コメント欄には「スケート連盟を批判すべき。選手への個人攻撃は間違っている」「なぜ自国の金メダリストを罵倒するんだ」「苦労して最善を尽くした選手を非難するとは何事だ」「選手には作戦に対する決定権がない。全て監督の指示だろう」など、大統領府掲示板への請願とは裏腹に、李選手を擁護する声が大半を占めた。

また「韓国国民はいつからこのように低レベルになってしまったのか…」と、ネット上での個人攻撃がエスカレートしている現状を憂える声も見られた。(翻訳・編集/三田)
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事