Record China

ヘッドライン:

「韓流」文化が中国人に大人気、中韓友好の懸け橋に―韓国メディア

配信日時:2012年1月1日(日) 6時25分
拡大
30日、韓国の聯合ニュースは、中韓は国交樹立20年で経済、人文などの交流が急速に広まり、中でもいわゆる「韓流」が両国友好の懸け橋になったと伝えた。写真は11年3月、北京で中国国営テレビの歌番組に出演する韓国の男性アイドルグループ「スーパージュニア」。
(1/8枚)

2011年12月30日、環球時報によると、韓国の聯合ニュースは、2012年は中韓国交20周年を迎えるが、この間、中韓両国の経済、人文などの交流が急速に広まり、中でもいわゆる「韓流」が両国友好の懸け橋になったと伝えた。

その他の写真

記事によると、韓国ドラマ「愛が何だか」が96年に中国中央テレビで放送されたのをきっかけにブームに火がつき、2005年に「宮廷女官チャングムの誓い」が放送され大ヒットし、中国全土が韓流ブームに沸いた。現在はドラマ以外にも、K−POPや映画、ゲーム、グルメ、ファッション、化粧品や美容整形に至るまで人気が高い。

また、韓国語学習ブームも起こっている。大学の韓国語専攻課程も、90年末には3〜4校しかなかったのが現在は80校以上にも増え、韓国語を学ぶ中国人学生も1万7000人に上る。

さらに、今年韓国を訪れた中国人観光客の数も初めて200万人の大台を突破するとみられ、特に美容整形手術を受けるために韓国を訪れる中国人の数が年々増加している。

しかし、一部の韓国人学者が「『韓流』ブームは中国の現代文化産業発展レベルが『相対的に遅れている』ことを反映しているもの」と述べたことで、多数の中国人から強烈な反感を買ったため、感情的な「反韓流」の存在も懸念されると報じている。(翻訳・編集/中原)

関連記事

<レコチャのアンケート>韓流偏重は存在する?9割が「そう思う」

7月末、俳優の高岡蒼甫が韓流コンテンツに偏った某テレビ局の放送内容を非難した一連の問題について、レコードチャイナ編集部では、4つの質問を投げ掛けた。写真は大ヒットした韓流ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」香港放映版で主題歌を担当したケリー・チャン。

Record China
2011年8月20日 13時7分
続きを読む

中国での韓流ブーム、一部芸能人の「中国を征服した」発言で下火に=日本では絶好調なのに…―韓国紙

1日、韓流アイドルグループの人気が中国ではすっかり下火になっている。一部の韓国芸能人による「中国を征服した」という発言が中国人ファンの反感を買ったためだという。写真は7月、上海で記者会見&サイン会を開いた韓国の6人組アイドルグループ「BEAST」。

Record China
2011年11月2日 9時10分
続きを読む

ランキング