Record China

ヘッドライン:

日本人はなぜマラソンが強い?日中を比較=中国ネット「なぜ日本人選手を中国に招待しないの?」「中国で走るのは自殺行為」

配信日時:2018年12月16日(日) 7時0分
拡大
中国版ツイッター・微博(ウェイボー)が認証するセルフメディアとして活動するユーザーが4日、「日本人がマラソンで強い理由」について長文を投稿した。

近年、中国ではマラソンブームが起きている。報道によると、各地で開かれるマラソン大会は数年前の20倍にも達しているという。そうした中、同ユーザーは「日本人はなぜマラソンですごいのか」とする文章を投稿。その秘密を探っている。

文章ではまず、「国内のマラソン第一人者の李子成(リー・ズーチョン)のベストタイムは2時間15分くらい。一方、今年の東京マラソンで優勝した設楽悠太は2時間6分11秒。その差は10分近い。さらに恐ろしいのは、日本は毎年2時間10分を切るタイムで走る選手が出ていること。これは、中国選手が十数年も出していない成績だ」とした。

また、日本ではマラソンやジョギングを行う人が900万人近くに上ることに触れたうえで、「日本人はなぜ走ることに夢中になるのか。おそらく、日本人の性格と関係があるだろう」と指摘。「ジョギングは気力や忍耐力が試されるスポーツで、日本の匠(たくみ)の精神に非常に合致している」と指摘。さらに、「日本の環境はランニングに適している。あちこちに公園があり、路上を走ることだってできる。日本の子どもたちは小学生の頃から長距離を走る。一方、中国は公園が少なく、路上には障害物が多数。空気の質も悪い」と述べた。

この他、「日本の学校は、子どもの身体的な能力を引き上げることを重視している。冬に小学1~2年生は2キロ、5~6年生は4キロを走るが、中国の学校にこれができるだろうか。ほとんどの子どもはトラックを2周も走れば息が上がるだろう。多くの場合、体育の授業はただあるだけで重要視されない。この方面では、確かに日本の経験に学ぶべきだ」と訴えた。

これを見たネットユーザーからは、「中学生の時、1キロ走ったら死にそうになった」「日本人は確かにすごいよ。強い選手も出場するボストンマラソンでも優勝したもんな」「中国のマラソン大会はなんで日本人選手を招待しないの?」「中国では走りようがない。スモッグがあるのに走ったら自殺行為」「走っていれば徐々に長い距離を走れるようになる。私も始めは1キロで駄目だったけど、5キロ、10キロと走れるようになった。その後は大気汚染がひどくてやめちゃったけど」といった声が寄せられた。大気汚染が深刻な中国では、やはり日常的に体を動かせる環境づくりが必要だろう。(翻訳・編集/北田
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

2週間で5回もホットワードになった中国マラソン、トンデモトラブル続出の背景にあるものとは―中国メディア

6日、新聞晨報は、「11月以来、マラソンが5回もネット上のホットワードになった」とし、中国で近ごろマラソン大会における不正やトラブルが相次いでいることについて、背景に商業利益目的の大会開催があると指摘した。写真は蘇州マラソンにて。

Record China
2018年12月7日 11時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング