Record China

ヘッドライン:

旧正月に合わせ、上海−台湾間の航空チャーター便の運航始まる

配信日時:2007年2月14日(水) 13時6分
拡大
チャーター便に乗るために、搭乗手続きカウンターに列をなす人々。「両岸春節チャーター便」は、春節の期間中に故郷へ帰る人に便宜を図るため、中台(=両岸)双方が協議の上で実施されるようになった。
(1/3枚)

2007年2月13日、旧正月にあたる春節の期間中、中国本土と台湾を結ぶ航空チャーター便「両岸春節チャーター便」の運航がスタートした。最初の便となったのは、台湾華信航空公司(MDA)の台北から上海へ向かうボーイング747便で、239人の乗客を乗せて上海市浦東空港に向けて飛び立った。

その他の写真

そのほか上海航空(SAL)でも2007年2月14から25日までに、上海−台湾間のチャーター便8便を運航する予定。そのうち上海−台北間が6便、上海−高雄間が2便。

ランキング