Record China

ヘッドライン:

平昌五輪会場、今後の利用定まらず=施設維持には年間数十億円―中国メディア

配信日時:2018年3月1日(木) 12時50分
拡大
28日、中国新聞網によると、平昌冬季五輪の閉幕に伴い、韓国では競技施設の有効活用が議論となっている。

2018年2月28日、中国新聞網によると、平昌冬季五輪の閉幕に伴い、韓国では競技施設の有効活用が議論となっている。施設の維持には年間数十億ウォンから数百億ウォン(約数億〜数十億円)がかかるとみられ、同五輪組織委員会は各方面に支援を呼びかけている。

記事によると、五輪会場となった施設12カ所のうち、今後の管理主体が決まっていないのは4カ所。うち江原道のチョンソン高山スキー場は、原状回復費に1000億ウォン(約100億円)近くかかる見通しという。残る3カ所のうち、江陵市のスピードスケート場、アイスホッケーセンターなどは今後、韓国代表チームのトレーニング施設として利用される予定。いずれも年間維持費は20億ウォン(約2億円)以上かかる見通しで、管理主体が決まらない原因になっているという。

一方、地元の江陵市の人口は21万人あまり。市民が利用するスポーツ施設としては数が多すぎるため、江陵道知事は「21年の冬季アジア大会を誘致したい」と表明しているが、記事は「財政的にも難しそうだ」と分析している。(翻訳・編集/大宮)

新型コロナウイルスの脅威にさらされた武漢、最新ドキュメンタリーが日本初公開 動画はこちら

関連記事

平昌選手村の村長「満点の大会、不満は一つも聞かれなかった」に中国ネットは不服の声多数

26日、このほど閉幕した平昌五輪で選手村の村長を務めた柳承敏氏が、大会を振り返り「どれだけ多くの点数を付けても多すぎるということはない」「世界のIOC委員たちからは一つの不満も聞かれなかった」などと述べたことに、中国のネットユーザーの多くが反発している。

Record China
2018年2月27日 10時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング