旧日本軍コスプレ事件、親日vs反日に発展―中国

Record China    2018年2月26日(月) 19時20分

拡大

24日、中国・南京市で起きた「旧日本軍コスプレ事件」がネット上で「親日vs反日」に発展している。

2018年2月24日、中国・南京市で起きた「旧日本軍コスプレ事件」がネット上で「親日vs反日」に発展している。

中国メディアの環球網によると、江蘇省南京市にある抗日戦争の遺構前で、旧日本軍のものとみられる軍服を着用し、その写真をネット上に投稿した20代の男2人が、当局から行政処分を受けた。

中国版ツイッターの微博(ウェイボー)で、「侵略に抵抗した先人の魂を冒とくしている」などとこの写真を掲載して非難したユーザーがこのほど、「自分は人肉捜索された」と明らかにした。

「人肉捜索」とは、個人情報などを調べ上げ、それをネットに公開して追い詰めることを指す言葉で、このユーザーは、出身地や学歴、出版した書籍名などをネット上に暴露されたと主張している。

この記事について、中国のネットユーザーからは「精日(精神的日本人、中国で日本の右翼思想に心酔する人を指す)の反撃か?」「精日が反日を挑発し始めた」「売国奴を処罰する法律が必要だ」「南京は精日が多いようだ」「抗日ドラマのせいで旧日本軍の衣装は簡単に手に入る」などのコメントが書き込まれている。(翻訳・編集/岡田)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携