Record China

ヘッドライン:

「私は日本国籍」と称してだます、若い女性10人以上を“食い物”に―中国

配信日時:2018年2月25日(日) 7時0分
拡大
遼寧省大連市沙河区人民法院は、「私は日本国籍」などと称して女性をだまし、金品を奪い取った男に懲役3年4カ月などの実刑判決を言い渡した。資料写真。

中国メディアの新浪網は21日、遼寧省大連市沙河区人民法院(地裁)が最近になり、「私は日本国籍」などと称して女性をだまし金品を奪い取っていた男に、懲役3年4カ月などの一審判決を言い渡したと紹介する記事を掲載した。“食い物”にされたのは若い女性で、10人に達するという。

記事が紹介する事例によると、男は2016年初にSNSを通じて若い女性と知り合った。男は自分を中国系だが日本国籍を持つと紹介。自分の父母と父方の祖父母は日本で生活しており、自分も幼い時から日本で育ったとした。さらに、日本ではホテル管理を学び、現在は沙河区内の高級ホテルで管理職をしていると説明した。

2人は1月30日、大連市内の喫茶店で会った。男は女性に、勤務先の高級ホテルのVIP優待カードを作ることができると説明。その後、2人でホテルに足を運んだ。男は、カード発行には携帯電話のアプリで登録する必要があると言い、手続きをすると言って女性からiPhone6を受け取った。

しかし、立ち去った男は戻ってこなかった。女性はSNSで連絡しようとしたが、会話ができない状態にされていた。ホテルに尋ねたところ、男の説明に該当する職員はいないと分かった。

通報を受けた警察が捜査したところ、男は1989年で瀋陽市出身と分かった。女性に言っていた氏名も偽名と判明した。

男はそれ以外にも、同様の手口で女性10人をだましていたことが分かった。別の都市に住む女性を大連に呼んでだましたこともあったという。

男はさらに、「レストランを経営しているが、パートナーが出資金を引き上げるために金が必要」などと言い、現金5万元(約84万円)をだまし取ったり、「両親はすでに他界し、祖母も自分を助けてくれない」と言って相手を同情させ7万元(約117万円)をだまし取るなど、さまざまな手口の詐欺を繰り返していた。

警察はSNSの通信記録などを利用して男を割り出し、2016年2月末までに身柄を拘束。逮捕手続きを済ませた上で、男は起訴された。

沙河区人民法院は被告となった男に窃盗罪と詐欺罪を適用し、懲役3年4カ月の実刑と罰金3万8000元の判決を言い渡した。

日本人にとって上記詐欺は不愉快さを感じざるを得ない犯罪だ。一方で、中国人の意識に「日本」あるいは「日本国籍」に対する信頼のイメージがあることを示しており、そのイメージが利用されたとも解釈できる。(翻訳・編集/如月隼人

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本の「絶対に取れないクレーンゲーム」に、中国ネットは「日本人は他人をだまさないんじゃなかった?」

26日、中国紙・環球時報は、日本でクレーンゲーム機を景品が取れない設定にして客から料金をだまし取ったとして、社長ら6人が逮捕されたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真はゲームセンター。

Record China
2017年12月26日 14時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング