Record China

ヘッドライン:

日本人シングルマザーがお見合い番組に、中国男性から「養って下さい」メール殺到―中国

配信日時:2011年12月27日(火) 13時43分
拡大
24日、中国の人気お見合い番組「非誠勿擾」に出場した日本人のシングルマザーに中国の男性から「養って下さい」と自らを売り込むメールが殺到していたことが分かった。
(1/2枚)

2011年12月24日、中国の人気お見合い番組「非誠勿擾」に出場した日本人のシングルマザーに中国の男性から「養って下さい」と自らを売り込むメールが殺到していたことが分かった。26日付で広州日報が伝えた。

その他の写真

拝金主義が社会問題となっている中国。女子大生が自らの半裸写真をネット上で公開し、堂々と「養ってくれるパパ」を募集したり、金持ちのマダムに囲われる「ツバメ」になりたい若い男性が相手を募集したりといった風潮が横行している。

お見合い番組に出場した佐藤さんは8歳の息子を連れて中国に渡ったバイタリティ溢れるシングルマザー。24日の放送でめでたくコンサルタントをしている中国人男性とカップル成立となった。佐藤さんの中国版ツイッターには祝福のメッセージが多数寄せられたが、「養って下さい」と自らを売り込むメッセージも1000通以上に達したという。

しかも、カップルとなった中国人男性とは番組終了後すぐに破局。佐藤さんのツイッターでのつぶやきによると、その後1度も会えないまま終わったようだ。男性は番組では佐藤さんに熱烈アタックし、8歳の息子も「実の子同様にかわいがる」と誓ったはずなのだが…。

男性は「その後、良く考えたらお互いに最高のパートナーではなかった」と破局の理由をツイッターで弁明している。番組では、佐藤さんとこの男性の国境を越えた「純粋な愛」に感動の嵐が巻き起こったばかりだっただけに、男性の無責任な態度に批判の声が噴出している。(翻訳・編集/NN)

関連記事

ランキング