Record China

ヘッドライン:

インドが世界初の「スーパー高速鉄道」を建設?―インド紙

配信日時:2018年2月20日(火) 11時50分
拡大
2018年2月19日、米華字メディア・多維新聞は、インドが世界初のスーパー高速鉄道を建設するかもしれないという、インド紙の報道を伝えた。

記事は、インド紙ザ・ヒンドゥーの19日付報道を引用。ハイパーループと呼ばれるスーパー高速鉄道が、インド・マハラシュトラ州のムンバイ−プーナ間の全長136キロメートルを結ぶ予定であるとした。

ハイパーループの開発に取り組む英ヴァージン・グループの創始者は「インドが世界初のハイパーループ運用国になるかもしれない」と語っている。デベロッパーの計画によれば、この鉄道の完成によりムンバイ−プーナ間の所要時間は現在の3.5時間から、15−25分にまで短縮されるという。

ハイパーループの概念はエンジニアであり実業家でもあるイーロン・マスク氏が2012年に掲げた。密封された真空チューブの中を列車が走行する仕組みで、最高時速は1220キロメートルと飛行機の2倍、高速鉄道の3倍から4倍の速度で運転できる。

インドでは現在、日本の協力による高速鉄道建設計画が進んでいる。インド政府は雇用拡大や技術移転を図るため部品調達や製造を可能な限りインド国内で行う構想を持っているが、日本側はインド企業の技術と経験に懸念を抱いており、モディ首相が14年に掲げたメイド・イン・インディア政策に基づく高速鉄道建設は難しく、ほとんどが日本製になるとみられている。(翻訳・編集/川尻
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

インド新幹線の日本受注、中国メディアの反応さまざま、「中印国境紛争が敗因」の一方で「中国は負けてよかった」の声も

日本が中国との受注合戦に勝った「インド新幹線」をめぐり、中国メディアがさまざまに反応している。中印国境紛争を敗因とする一方で、「中国は負けてよかった」と驚くような見方も飛び出した。写真は新幹線。

Record china
2017年10月8日 9時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング