「急に赤ちゃんの声色が変わった」=日本の高速バスで見た光景にビックリ―台湾メディア

配信日時:2018年2月19日(月) 17時50分
日本の高速バスで見た光景にビックリ―台湾メディア
画像ID  961884
19日、台湾・中国時報によると、あるネットユーザーがフェイスブック上で、日本の高速バスに乗車した時に見た驚きの光景を紹介した。資料写真。
2018年2月19日、台湾・中国時報(電子版)によると、あるネットユーザーがフェイスブック上で、日本の高速バスに乗車した時に見た驚きの光景を紹介した。

記事によると、あるユーザーがフェイスブックの「日本関西旅游情報」というアカウントで日本旅行での体験談を紹介。河口湖行の高速バスを利用したところ、車内に泣きやまない赤ちゃんがいて、他の乗客たちはみんな起こされてしまったという。赤ちゃんの両親も手が付けられない様子だったというが、同ユーザーは「よくあることだし、気にしていなかった」という。

しかし次の瞬間、「急に赤ちゃんの声色が変わった」といい、見ると両親がブランケットを赤ちゃんに被せていたという。ユーザーは「車内にいる人みんなが、赤ちゃんが息ができなくて死んでしまうのではないかと心配した」とし、「本当に驚いた。幸いすぐにバスが目的地に到着したけど、もう少し長かったら命にかかわっていたかも」としている。

赤ちゃんと両親も旅行者だったようで、同ユーザーは「子連れの旅行は欲張っちゃいけない。楽しいことが大切で、(時間が足りなかったら)また次回来ればいい。子どもの泣き声は気にならないし、子どもを死なせちゃいけない」とコメントしている。

他のユーザーからは「こういう場面に遭遇したことある。親が一番大変なんだよな」「赤ちゃんを連れて出かけるのは、本当に万全の準備が必要」「両親が子どもをあやそうと頑張っていれば、赤ちゃんが泣いていても問題ない。誰もわざとそうしようと思っているんじゃないんだから」「私なら、子どもがある程度言うことを聞けるようになってから海外旅行に出かける」といったコメントが寄せられたそうだ。(翻訳・編集/北田
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事