【募集中】韓国語社内スタッフ

米博物館から兵馬俑の親指盗んだ米国人男、最長懲役10年も―中国メディア

配信日時:2018年2月19日(月) 15時50分
米博物館から兵馬俑の親指盗んだ米国人男、最長懲役10年も
画像ID  961824
18日、中国メディアの法制晩報は、米ペンシルベニア州フィラデルフィアの博物館で展示された中国の兵馬俑の1体から親指を盗んだ米国人の男について、「最長で懲役10年の判決を受ける可能性もある」と伝えている。写真は兵馬俑。
2018年2月18日、中国メディアの法制晩報は、米ペンシルベニア州フィラデルフィアの博物館で展示された中国の兵馬俑の1体から親指を盗んだ米国人の男について、「最長で懲役10年の判決を受ける可能性もある」と伝えている。

記事によると、フィラデルフィアのフランクリン科学博物館で展示された中国の兵馬俑の1体から親指がなくなっているのが見つかった問題で、米連邦捜査局(FBI)は、デラウェア州在住の米国人、マイケル・ロハナ容疑者(24)が昨年12月21日、館内で開かれたイベントに参加した後、閉館中の展示スペースに侵入し、1体の兵と自撮りし、親指を折って持ち帰ったとする調査結果を発表した。

博物館スタッフが今年1月8日、兵馬俑の1体から親指がなくなっていることに気付き、FBIが捜査していた。ロハナ容疑者は容疑を認め、親指を返還した。同容疑者は博物館からの主要な美術作品の盗難、博物館からの主要な美術作品の隠匿、盗難物の州間輸送で起訴されたが、現在は保釈されているという。

記事によると、米在住のある中国系弁護士は「起訴された三つの罪でそれぞれ懲役10年の判決が下される可能性があり、三つの罪が成立すれば最長で懲役30年となる。だが弁護側は刑の同時執行を求めるとみられ、最長で懲役10年となるだろう」と話しているという。(翻訳・編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事