Record China

ヘッドライン:

<平昌五輪>フィギュア男子で中国人審判が自国選手に意図的に高得点か、ネットでは「選手に罪はない」の声も―中国メディア

配信日時:2018年2月20日(火) 15時20分
拡大
20日、平昌五輪フィギュアスケート男子シングルで中国人審判が自国選手に意図的に高得点を与える不正採点疑惑が浮上した。資料写真。

2018年2月20日、中国のスポーツメディアの新浪体育は、日本メディアの報道を引用し、平昌五輪フィギュアスケート男子シングルで中国人審判が自国選手に意図的に高得点を与える不正採点疑惑が浮上したと伝えた上で、「選手に罪はない」とするネット上の声を紹介している。

日本のメディアはスペイン紙など海外メディアの報道を引用し、男子フィギュアで7番目のジャッジを務めた中国人審判が採点を操作した疑惑が浮上したと伝えた。この中国人審判は297.77点で4位に入った中国の金博洋(ジン・ボーヤン)に対し、他のジャッジが7点台をつけている要素で9点台を連発した。一方、メダル争いでライバルとなる日本の宇野昌磨やスペインのハビエル・フェルナンデスに対しては、9人のジャッジの中で最も低い評価を下したという。

国際スケート連盟(ISU)の規律委員会は、今回の採点を調査する方針を固めたという。ドイツ人コミッショナーのフォルカー・ワルデック氏は「われわれはこの問題を注視している」と語っており、1年間の資格停止処分を受ける可能性もあると伝えられている。

記事は、このニュースは日本など世界各国で物議を醸していると伝え、ネット上に寄せられたという「金博洋がかわいそう。彼がそんなジャッジをさせたのではないことを信じる」「ボーヤンくんの演技、表現力はすごく伸びていた。でも彼のイメージは影響を受けるだろうな」「ISUは、採点の透明度を高めるため、以前のようなジャッジ席の前にそれぞれの国旗を示すスタイルに戻すべきだ」「金博洋に同情する。罪もないのにスキャンダルに巻き込まれてしまった」などの声を紹介している。(翻訳・編集/柳川)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

<平昌五輪>ショートトラックで韓国人選手が失格、銅メダルのカナダ選手のSNSに非難殺到=「恥ずかしい」「審判を批判すべき」―韓国ネット

14日、韓国メディアによると、平昌冬季五輪ショートトラック女子500メートル決勝に出場した韓国のチェ・ミンジョン選手が、2位でフィニッシュ・ラインを通過したが、ビデオ判定の結果、失格となった。資料写真。

Record China
2018年2月14日 12時30分
続きを読む

韓国キム・ヨナを泣かせたフィギュアの“匿名採点制”が廃止に=韓国ネット「いまさら遅い」「今からでもヨナに金メダルを!」

10日、韓国メディアによると、国際スケート連盟(ISU)が、フィギュアスケートの審判の匿名採点制を廃止することが分かった。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真はソチ五輪に出場したキム・ヨナ。

Record China
2016年6月10日 21時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング