Record China

ヘッドライン:

羽生結弦に憧れ?中国でフィギュアスケート始める子どもが増加―中国メディア

配信日時:2018年12月11日(火) 11時20分
拡大
中国中央テレビは、今年の平昌五輪で男子フィギュアスケートの世界王者・羽生結弦が大きな注目を集めた中、中国でもフィギュアスケートを始める子どもが増えてきていると伝えた。写真は平昌五輪で2連覇を達成した羽生。

2018年12月10日、中国中央テレビ(CCTV)は、今年の平昌五輪で男子フィギュアスケートの世界王者・羽生結弦が大きな注目を集めた中、中国でもフィギュアスケートを始める子どもが増えてきていると伝えた。

「氷上のプリンス」の異名を持つ羽生のファンは中国でも多い。番組では、フィギュアスケートを習うための費用や習い始める年齢、施設などについて詳しく紹介。その中で、すでにスケート人気が高まっている日本のスケートリンクや教室、選手の育成環境なども紹介された。

中国のネットユーザーからは次のようなコメントが寄せられている。

「羽生選手はフィギュアスケートの普及に多大な貢献をしたと思う」

「羽生選手の存在意義はスケートの枠を超えているね」

「優れた選手はスポーツを振興するだけでなく、若者の理想像でもある」

「彼こそ氷上のプリンス」

「中国にも滑りに来てほしい」

「羽生選手がフィギュアスケートを普及させることは、中国のフィギュアスケートを発展させることにもなる」

「スポーツと美には国籍も偏見もない」

「この仙台のスケートリンクは“聖地巡礼”の観光スポットになるかもね」

「将来、子どもがフィギュアスケートをしても大丈夫なように仕事を頑張ることにした」

「自分はもう若くないから無理だけど、子どもがしたいというならやらせてあげようと思う」

「ただ、子どもに期待するなら冷静になろう。習っても必ず成功できるわけじゃない。まずは子どもの意思を尊重してもらいたい」(翻訳・編集/岡田)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング