台湾人はいったいどれだけ日本のことが好きなのか―台湾メディア

配信日時:2018年2月19日(月) 8時30分
台湾人はいったいどれだけ日本のことが好きなのか
画像ID  961308
16日、台湾メディアの中時電子報は、台湾人はいったいどれだけ日本のことが好きなのかについて、台湾ネットユーザーの意見を紹介する記事を掲載した。資料写真。
2018年2月16日、台湾メディアの中時電子報は、台湾人はいったいどれだけ日本のことが好きなのかについて、台湾ネットユーザーの意見を紹介する記事を掲載した。

記事は、台湾の掲示板PTTに「台湾人はいったいどれだけ日本が好きなのか」と題するスレッドが立ったことを紹介した。

それによると、スレ主は、「日本が台湾にとって第3の貿易パートナーであり、外資や技術の主な源となっている」と指摘し、「日本にとっても台湾は第4の貿易パートナーで、双方の貿易総額は2016年に約602億ドル(約6兆4400憶円)に達し、貿易赤字は約210億9000万円(2兆2500億円)だ」と紹介した。

一方でスレ主は、「人口3億2000万人の米国の対日貿易赤字が約700億ドル(約7兆4900億円)にすぎないにもかかわらず、トランプ大統領は大騒ぎしている」と指摘。それなのに「人口2300万人の台湾の対日貿易赤字が210億ドルであり、しかも蔡英文(ツァイ・インウェン)総統は日本食品を開放しないとだめだとか言っている。このロジックは理解不能だ。台湾人はどれだけ日本が好きなんだ」とつづっているという。

記事は、これに対し、ほかの台湾人ネットユーザーから「ポイントは、蔡政権がこんなにも巨額の貿易赤字を解消しようとせず、もっと多くの日本食品を入れようとしていることだ」「台湾の対日貿易赤字は減らしようがない。機器設備の核心的な部品はほとんどが日本からの供給だから」などのコメントが寄せられたと紹介した。

さらに「日本人だって台湾に来て遊ぶのが大好きだけど、台湾人の日本好きほどではないというだけ」「日本は確かに楽しいし進んでいると言わざるを得ない。台湾とは全くレベルが違う」という意見もあったという。(翻訳・編集/山中)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事