【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

<コラム>中国の旧正月を初体験、考えられない光景にあ然とした

配信日時:2019年2月3日(日) 14時40分
中国の旧正月を初体験、考えられない光景にあ然とした
画像ID  960472
中国人にとって一年の中で最大にして最高のイベントが春節。苦労して切符を買い故郷に帰る人を始め、家族と一緒に過ごす春節の「過年」と言われる年越しは、大人も子どもも心が躍る時期なのです。写真は中国の春節の飾り。
中国人にとって一年の中で最大にして最高のイベントが春節(旧暦の正月、今年は2月5日)。苦労して切符を買い故郷に帰る人を始め、家族と一緒に過ごす春節の「過年」と言われる年越しは、大人も子どもも心が躍る時期なのです。この時期は街中の雰囲気はどこもすごい盛り上がりで、皆が欣喜雀躍そのもの。

そんな春節が近づいていたある日、中国の友人と会ったときに、きれいな「5角」のコインを持っていないか?」と尋ねられました(「5角」とは2枚で1元の硬貨)。訝りながら話を続けると…。

【年越しには欠かせない餃子】
中国で「除夕」と呼ばれる旧暦の大晦日の夜、家族が揃っての夕食は「年夜飯」と呼ばれる特別な食事です。それだけに豪華な料理が並びますが、欠かせないのが餃子。

その日は朝から餃子づくりが始まります。そして、その中に5角のコインを入れた餃子をいくつか作ります。夜、食べた時にコインが入っていればラッキー、お金には困らない一年になる、とにぎやかに団欒を過ごすという訳です。

運勢を占うフォーチュンクッキーならぬ、「フォーチュン餃子」。せっかく「当たり」を引いたのに、口の中から古びた5角のコインが出てきたら…。そんなことでげんなりとしてしまっては、せっかくの団欒がぶち壊しになりかねません。やはり、新しいきれいな5角がいいですよね。ようやく理解できました。

ところで、春節前後は一年の中でも最も寒い時期です。栄養に富む餃子は寒さを乗り越えるのに最適な食べ物だそうです。昔から「大寒小寒の寒い時期に餃子を食べて年越し」、と巷間で言われていることが納得できます。

【春晩】
除夕(旧暦の大晦日)の夜、8時から中国の国民的テレビ番組である、「春節聯歓晩会」が始まります。日本の紅白歌合戦に相当しますが、視聴者が7億人というお化け番組。放送しているのは国営放送ですがCMも流されています。圧倒的高視聴率ですからCMを打つのも恐ろしいほどの高額。それらのでかさには驚かされます。

春節の午前1時まで5時間にわたって歌やマジック、京劇やコントなど、さまざまな演目で、家族団欒の時間を楽しませてくれます。

【そこまでやるか、花火】
除夕(旧暦の大晦日)の日付が変わる前になると、街のあちこちで花火が始まります。花火と言っても、それぞれのお家が家のまん前で打ち上げ花火をするのです。ピーク時にはまるで戦場のよう。見ている分にはなかなかの景色なのですが、音、煙と火薬臭でものすごいことになっています。

今でこそ、街中での花火や爆竹が規制されていますが、少し前まではやりたい放題。中には、アパートの屋上から打ち上げた入り、自室の窓から火の粉を噴き出していたり…。もう大変です。テレビの音もかき消されて聞こえません。

中国での旧正月を始めて体験した年のことです。深夜零時近くになると、あまりにも花火の音がすごいので街に出てみました。すると、大通りのセンターライン上に打ち上げ花火の箱が並べられていて、そこから勢いよく次々と花火が打ち上げられているのです。花火の箱は、ちょうど一斗缶くらいの大きさで、箱の中には花火の火薬が詰まった筒が何本も入っています。

小さくても目の前で打ちあがる花火は、実にきれいで見事です。花火に見とれていると、車がその連射されている花火のすぐ横を走っているのです。考えられない光景を目にしてあ然としました。

それだけ好き勝手に花火をすると事故も起きますよね。打ち上げられた花火が、建物のベランダに敷かれた人工芝に引火し、外壁に燃え移ったとか、けがも後を絶たないようです。

【春節がその年の起点】
こうして、除夕(旧暦の大晦日)の夜も更けて、新しい年が明けます。途端に今度は「過年好」や「万事如意」といった新年のあいさつが、微信(中国のSNS)で続々と送られてきます。

中国では、春節を基準として年が新しくなり、それぞれの年齢も一つ増えるという習慣です。ですから、除夕(大晦日)は、普通の1日ではなく、前の年齢と一つ増えた新しい年齢が繋がった、それはそれはたいへん重要な時だといえます。そう考えると力の入りようもわかります。まあ中には、「また歳をくっちゃった」と自嘲気味に言う人もいるようですが…。

■筆者プロフィール:曽賀 善雄
1971年大手セキュリティサービス会社に入社。1998年6月、中国・上海のグループ現地法人の総経理(社長)として勤務。2000年4月から13年近くにわたり中国・大連の現法で総経理(社長)として勤務。2013年1月に帰国、本社勤務を経て2014年7月リタイア。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事