【動画】平昌五輪スイス選手の“危険すぎる”エスカレーターの乗り方、韓国ネットで賛否=「ファンタスティック!」「けがしたらどうする?」

The World Video    2018年2月14日(水) 12時0分

拡大

14日、平昌五輪のある施設で、スイス代表チームの選手が“危険な方法”でエスカレーターに乗る映像が公開され、韓国のインターネット上で話題となっている。

2018年2月14日、平昌五輪のある施設で、スイス代表チームの選手が“危険な方法”でエスカレーターに乗る映像が公開され、韓国のインターネット上で話題となっている。

韓国のネット上に12日に公開された「スイスのスキーチームがエスカレーターに乗る方法」と題する映像は、わずか1日で50万回以上の再生を記録。元の映像はすでに削除されているが、別の動画サイトなどに転載されて拡散し続けている。

映像には、ある選手がエスカレーターに乗らず、外側から片手で手すりにつかまる様子が映っている。その後、選手は足が空中に浮いた状態で、まるでゴンドラに乗っているかのように上の階まで上がっていった。選手が着ている服には「SUI」と書かれているが、これは五輪におけるスイスの国名コード。同選手がスキー代表かどうかは分かっていないという。

映像を見た韓国のネットユーザーからは「ファンタスティック!」「面白い」「1度挑戦してみたい」「動きがとても自然で笑える」「これを思い付く人がいるなんて!世界は広いね」など好評の声が寄せられている。しかし、一方では「つらい練習をしてきただろうに、そんなところでけがしたらどうする?」「慣れているようだけど、とても危険な行為」など選手の負傷を心配する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携