第8回北京国際映画祭で王家衛が「天壇賞」審査委員会主席に

配信日時:2018年2月13日(火) 17時0分
第8回北京国際映画祭で王家衛が「天壇賞」審査委員会主席に
画像ID  959772
北京国際映画祭組織委員会と北京市人民政府新聞弁公室が12日、記者会見を開き、第8回北京国際映画祭は4月15日から22日にかけて開催し、その開閉幕式を北京雁栖湖国際会展センターで行うことを明らかにした。
北京国際映画祭組織委員会と北京市人民政府新聞弁公室が12日、記者会見を開き、第8回北京国際映画祭は4月15日から22日にかけて開催し、その開閉幕式を北京雁栖湖国際会展センターで行うことを明らかにした。また今年の「天壇賞」を決める国際審査委員会主席は王家衛(ウォン・カーウァイ)監督が担当する。中央テレビ網が伝えた。

今回の「天壇賞」は世界各地から2017年1月1日以降に公開された優秀作品を募集。現在まで6大陸・70カ国及び地域の579作品が集まっている。そのテーマは豊富で、ジャンルも多種多様で、異なるスタイルとなっている。組織委員会によると、今年の開幕式のレッドカーペットには、100あまりの映画制作チームやスター、来賓が招待され、錚々たる顔ぶれになるという。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事