無人潜水機「潜竜2号」が大洋第49航行段階の初潜水に成功

配信日時:2018年2月12日(月) 18時40分
無人潜水機「潜竜2号」が大洋第49航行段階の初潜水に成功
画像ID  959257
国家海洋局が発表した情報によると、科学調査船「向陽紅10」が現地時間9日に南西インド洋作業エリアに到着した。自律型無人潜水機(AUV)「潜竜2号」が11時50分にインド洋に投入され、観測作業を行った。
国家海洋局が発表した情報によると、科学調査船「向陽紅10」が現地時間9日に南西インド洋作業エリアに到着した。自律型無人潜水機(AUV)「潜竜2号」が11時50分にインド洋に投入され、観測作業を行った。これは潜竜2号大洋第49航行段階の初の潜水作業で、潜竜2号にとっては40回目の潜水作業となる。人民日報が伝えた。

潜竜2号は今回の潜水で、近海底で30時間にわたる作業を実施。航行距離は約70キロメートル、最大潜水深度は2920メートル。地形が起伏する水深1800メートル以上のエリアで、多くの詳細な地形データとセンサーによる各種探査データを入手した。これは潜竜2号が高知能自主障害物回避能力と安定航行制御能力を備えていることを示した。(編集YF)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事