【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

日本の中国系メディアが「義理チョコやめます」宣言

配信日時:2018年2月12日(月) 20時40分
日本の中国系メディアが「義理チョコやめます」宣言
画像ID  959184
12日、バレンタインデーが近づいてくると女性も男性もどこかそわそわするものだが、中国語新聞「日本新華僑報」の発行やニュースサイト「日本新華僑報網」を運営する日本新華僑通信社は「義理チョコやめます」宣言をした。資料写真。
2018年2月12日、バレンタインデーが近づいてくると女性も男性もどこかそわそわするものだが、中国語新聞「日本新華僑報」の発行やニュースサイト「日本新華僑報網」を運営する日本新華僑通信社は「義理チョコやめます」宣言をした。

日本新華僑報の蒋豊編集長が12日、中国版ツイッターのウェイボー(微博)に投稿した画像によると、同社が義理チョコをやめた理由は「義理チョコを誰にあげるかを考えたり、準備をしたりするのがあまりにも大変だからとして、バレンタインデーは嫌いだという女性や、その日が休日だと内心ホッとするという女性がいる」ためでそうで、「もちろん本命はあってもいいけど、義理チョコはなくてもいい。いや、この時代、ない方がいい。そう思いませんか」と指摘した。

その上で「そもそもバレンタインデーは、純粋に気持ちを伝える日であり、社内の人間関係を調整する日ではない」「愛してる。好きです。本当にありがとう。そんな儀礼ではない、心からの感情だけを、これからも大切にしたい」などと訴えている。(編集/柳川)
【社内スタッフ募集】
日本語ネイティブ、中国語もしくは韓国語ビジネスレベルのスタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事