Record China

ヘッドライン:

偽物「日本製」の使い捨てカイロが大量に出回る、当局が注意を呼び掛け―江蘇省南京市

配信日時:2011年12月15日(木) 12時5分
拡大
14日、江蘇省南京市で偽物の「日本製使い捨てカイロ」が大量に出回っており、当局が注意を呼び掛けている。写真は中国で売られている使い捨てカイロ。
(1/4枚)

2011年12月14日、江蘇省南京市で偽物の「日本製使い捨てカイロ」が大量に出回っており、当局が注意を呼び掛けている。地元の夕刊紙・揚子晩報が伝えた。

その他の写真

中国語で「暖包包」と呼ばれる使い捨てカイロ。骨身にしみる寒さの南京ではもはや必需品と言ってもよいほどの人気を誇り、様々な種類の商品が出回っている。驚くのはその中に「日本製」と銘打ったものが多いこと。何やら怪しげな日本語で書かれたものも少なくないが、それもそのはず。地元当局によると、これらのほとんどが偽物で製造日、品質合格証(または生産許可証)、生産メーカーの表記がない「三無製品」。つまり勝手に「日本製」を名乗っているだけだった。

こうした商品は安全面での保証がないため、やけどなどけがを負う可能性も高い。当局は「消費者自身も賢くなる必要がある。買う前によくメーカー名などを確認した方がよい。値段の安さだけで決めないように」と注意を呼び掛けている。(翻訳・編集/NN)

関連記事

<中国ニセモノ事情>日本製粉ミルクの空き缶を高値買い取り=ニセモノ作りに利用か―中国

12日、南方日報は記事「日本製粉ミルクの空き缶を10元もの高値で買い取り=ニセ製品作りのためか」を掲載した。外国産粉ミルクの需要が高まっているが、信頼できる製品を入手することは容易ではない。写真は浙江省のスーパーで売られる日本製粉ミルク。

Record China
2010年10月13日 11時24分
続きを読む

<偽装アパレル>中国製のタグを日本製にすり替え―日本

2009年3月5日、ブランド「Olive des Olive」を展開する京都市の製造販売会社「もくもく」の元社員ら3人が不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で逮捕された。台湾輸出用の製品タグを中国製から日本製に付け替えていたという。写真は山東省の紡績工場。

Record China
2009年3月7日 7時15分
続きを読む

ランキング