2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

平昌五輪開会式、防寒対策で観客に「緑の帽子」配布、中国で物議

配信日時:2018年2月11日(日) 16時50分
平昌五輪開会式、防寒対策で観客に「緑の帽子」配布、中国で物議
画像ID  958933
韓国で9日に開催された平昌冬季五輪の開会式で、防寒対策として観客に配布されたニット帽が緑色だったことが、中国で物議を醸している。
2018年2月11日、韓国で9日に開催された平昌冬季五輪の開会式で、防寒対策として観客に配布されたニット帽が緑色だったことが、中国で物議を醸している。

その他の写真

中国の自メディア(新興メディア)「足球人」は開会式について、「最低気温はマイナス10度前後で、アスリートにとっても取材記者にとっても厳しい試練だった」とし、防寒対策のために観客に配られた毛布や風よけポンチョ、携帯カイロなどの6点セットの中に緑色のニット帽が含まれていたと紹介。中国の記者から不満の声が出たと伝えた。

中国で「緑の帽子をかぶせられる」とは「妻を寝取られた男」を意味し、緑の帽子を男性にプレゼントすることは、その人を侮辱することになる。

だがこの記事のコメント欄には「五輪マークに合わせて五色のニット帽が用意されていたそうじゃないか。緑のニット帽もその一つにすぎない」「中国人の常識は世界の常識ではない」「なぜ国際的なイベントで、中華圏特有の『緑の帽子』に隠された意味が考慮されなければならないのか」など、「騒ぎ立てるほどのことではない」という反応が多く見られた。(翻訳・編集/柳川)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事