Record China

ヘッドライン:

日中平和友好条約締結40周年、東京で記念行事―日本

配信日時:2018年2月10日(土) 14時0分
拡大
日中平和友好条約締結40周年を祝う記念行事が8日に東京で行われた。在日本中国大使館と日中友好7団体が共同開催したもので、両国各界から800人あまりが出席した。
(1/2枚)

日中平和友好条約締結40周年を祝う記念行事が8日に東京で行われた。在日本中国大使館と日中友好7団体が共同開催したもので、両国各界から800人あまりが出席した。

その他の写真

程永華駐日中国大使は、「2018年は中日平和友好条約の締結40周年で、両国関係の改善発展は引き続き重要な時期に直面する。中日友好の根は民間にあり、中日関係の未来は両国国民の手に握られている。両国の各友好団体が積極的にそれぞれの役割を発揮し、両国国民の相互理解と友好感情を絶えず深め、両国関係の改善発展の社会的基盤を絶えず突き固めることを願う」と述べた。

当日は、日本中国友好協会の丹羽宇一郎会長、日本国際貿易促進協会の河野洋平会長、日本中国文化交流協会の黒井千次会長、日中経済協会の宗岡正二会長、日中協会の野田毅会長、日中友好会館の江田五月会長など7団体の代表が次々にあいさつし、日中の民間交流を促進し、両国関係の改善に寄与するよう努力するなどと述べた。(提供/人民網日本語版・編集KS)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

河野外相「日本にもっと関心を」、中国青年代表団と教育関係者代表団の訪日壮行会開催―北京市

中国青年代表団「JENESYS2.0」と中国教育関係者代表団の訪日壮行会が28日夜、北京で行われ、河野太郎外相や中日友好協会の王占起副秘書長が出席し、あいさつした。また、北京日本人学校の代表や訪日団のメンバーなど、約200人が同イベントに参加した。

人民網日本語版
2018年1月29日 21時10分
続きを読む

ランキング